風街とデラシネ 作詞家・松本隆の50年

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041118849

作品紹介・あらすじ

伝説的日本語ロックバンド”はっぴいえんど”のメンバーとして活動した後、日本を代表する作詞家となった松本隆50年の軌跡を追う評伝。太田裕美「木綿のハンカチーフ」、大瀧詠一「君は天然色」、松田聖子「赤いスイートピー」、寺尾聰「ルビーの指環」、KinKi Kids「硝子の少年」――。抒情性と物語性に富んだ歌詞で数々のメガヒット曲を生み出した松本隆。シングル曲よりアルバムのコンセプトを重視した作詞など新しい手法を用いたほか、シューベルトの楽曲や「古事記」をもとに作詞をおこなったこともあった。大瀧詠一、筒美京平、松田聖子らとの知られざるエピソードを含め、その挑戦の日々を松本隆本人へのインタビューと証言者たちの言葉から描き、不世出の作詞家の本質に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もちろん
    一人の天才詩人の自伝とも
    読めます
    それよりも
    日本の「歌謡界」の歴史として
    読めることが いやはや
    面白い

    それにしても
    その時代がその時に
    求めている ムードを
    ここまで 的確に言葉に表現してしまう
    その才能には 脱帽です

    もっとも
    私自身は「はっぴいえんど」の時の
    寄らば斬るぞ
    という感じがする
    その時の松本隆さんの歌詞が
    いちばん しっくりくるのです

  • 松本隆は有名で聞いた曲が多く知っているようで実は知らない。まさにクロニクルという内容で著者の熱量が凄い。

    リアルタイムで昔の曲から辿っている人にはたまらないと思う。

    五百頁以上あるので覚悟が要る。

  • なんとなく松本隆の詞っていいよね、程度の関心で読むには分量が多く70〜80年代の日本語ロック論争から歌謡曲までを自身のものとして感じていないからか表面的に、ああそういうことがあったんだ的な読み方に止まってしまった。評価をつけることは差し控える。

  • フォーク/ロックと歌謡曲の間に橋を架け、多彩で抒情的な作詞スタイルを確立した松本隆。細野晴臣、大瀧詠一、松田聖子らとのエピソードなど、本人と関係者の証言をもとに、日本語ポップス史をたどる。『熱風』連載に加筆。

    最近、いろいろ本やCDが出ているので片っ端から読んだり聴いたりしている。
    松田聖子の歌は結構歌詞を覚えてる。あの人のあの曲も松本隆だったんだという曲もたくさんある。
    この本をもとにまたいろいろ聴いてみたい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1946年、千葉県生まれ。中央大学法学部政治学科卒。69年「新宿プレイマップ」創刊編集者を皮切りに「セイ!ヤング」などラジオ番組の放送作家を経て音楽評論家、ノンフィクション作家、音楽番組パーソナリティとして活躍中。著書に『陽のあたる場所 浜田省吾ストーリー』『オン・ザ・ロード・アゲイン』『読む J-POP 1945-1999 私的全史』『GLAY DOCUMENT STORY 2001-2002 夢の絆』『吉田拓郎 終わりなき日々』『KYOSUKE HIMURO since 1988』などがある。

「2021年 『風街とデラシネ 作詞家・松本隆の50年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田家秀樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
劉 慈欣
恩田 陸
村上春樹
朝井 リョウ
アンデシュ・ハン...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×