クローン・ゲーム ~いのちの人形~ (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.86
  • (4)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041118955

作品紹介・あらすじ

翻弄される運命、背負わされた宿命。
世田谷で発生した不審死事件。鑑識の到着前に厚労省の外郭団体「ドールズ」と称する組織が現れ、現場を警察から横どりしてしまう。感染症の疑いかと思われたが、彼らの行動を不審に感じた捜査一課の川村直樹は、サイバー犯罪捜査官の高倉竜生と捜査を始める。次第に明らかになったのは、政府が28年前から隠してきた「クローン人間」の存在だった……。巨大な運命の渦に巻き込まれた人々の、〈いのち〉を巡る物語が動きだす!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 急遽、購入して読んだが、とても面白かった。
    それぞれのキャラクターの場面が、後から繋がった時のやったった感は本ならではだと思う。
    クローンの特質上、映画やドラマでは演出としてできないだろう。
    文字の特性を上手く使っている。
    おかげで、度重なる展開にどんどん引き込まれ、驚かされた。
    多少は予測の着くところもあったが、最後は予測できなかった。
    むしろ、こんな秘密が隠されていたと思うと、わざと小さなところは気づかせていたのではとさえ思う。

  • ラストまで意外性の連続!
    読んでいて本当に飽きなかった。
    クローン人間、実は本当にいたりして。

    スターのクローンだけではなく、まさか警察官が稀代の殺人鬼のクローンだった事が判明した時はめちゃくちゃ滾りました。命の大切さ、重さとかの話も勿論考えさせられる部分はあったけど、どちらかと言うとストーリー重視の小説だった気がします。

  • 超面白かった

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

一九七五年静岡県生まれ。武蔵大学人文学部卒業。二〇一〇年『再会』で第五六回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。『グッバイ・ヒーロー』『チェインギャングは忘れない』『沈黙のエール』『K2池袋署刑事課神崎・黒木』『ルパンの絆』『スマイルメイカー』『偽りのシスター』『わんダフル・デイズ』『ミス・パーフェクトが行く!』など著書多数。

「2022年 『彼女たちの犯罪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横関大の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×