雪が降る (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.81
  • (4)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041118979

作品紹介・あらすじ

〈母を殺したのは、志村さん、あなたですね〉一通のメールが、男の記憶をよみがえらせる。メールの送り主は、かつて愛した女性の息子だった……(「雪が降る」)。不世出の偉才・藤原伊織による至高の6篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 藤原伊織『雪が降る』角川文庫。

    最早、絶滅危惧種とっなった男らしい男の生き様を描いた6編を収録した短編集。男女平等だとかLGBTだとかまるで権利を勝ち取ることが正義というような輩ばかりの時代にはそぐわない作品である。昔はこれが当たり前ということがどんどん否定されていく生き難い世の中にこそ読むべき短編集だと思う。

    『台風』。深みのある短編。人生は後悔と苦しみの連続なのかも知れない。幸せな思い出はいつの間にか霞んでしまう。台風のある日、会社でかつての部下が起こした傷害事件を切っ掛けに吉井卓也は苦い過去を思い出す。★★★★★

    『雪が降る』。表題作。人生で外れ籤ばかりを引いて来た男の再生の物語。「母を殺したのは、志村さん、あなたですね」という内容の一通のメールが、志村秀明の記憶をよみがえらせる。志村がかつて愛した会社のライバルである高橋の妻。★★★★★

    『銀の塩』。ミステリー色の強い短編。我々、ある程度満ち足りた生活に甘んじている日本人には気付かぬことが多い。バングラデシュから来日したショヘルという青年と共に軽井沢の別荘で休日を過ごす訳ありな中年の島村。★★★★

    『トマト』。奇妙な風合いの寓話めいた短編であるが、文章以上に何かを伝えてくれる。銀座の和光の前で人魚と名乗る女性に声を掛けられた政治家の秘書。★★★★

    『紅の樹』。やくざのヒットマンから足を洗い、全うな生活を送っていた堀江はあることを切っ掛けに再び猛獣に変わる。燃えるような男の生き様を描いた短編。北方謙三かクイネルかという位の絶滅危惧種的な短編。★★★★★

    『ダリアの夏』。かつて野球に挫折した男が一線から姿を消した有名女優の母子と知り合う。栄光と挫折。未来はまだまだ変えられる。★★★★

    本体価格700円
    ★★★★★

  • ハードボイルドの名手として名高い著者だが、私は今作が初読み。全六作品収録の短編集で、どの作品にもグッとくるものがある。ロマンチックで切ない表題作も捨て難いが、運命に翻弄される男の悲哀を描いた「台風」と王道的な任侠小説「紅の樹」が私のお気に入り。飲酒運転に対する前時代的な価値観に違和感を覚えないわけではないが、それを補って余りある魅力が満載。黒川博行氏(著者のご友人)による解説の言葉をお借りするなら、余分な贅肉を削ぎ落としたシャープな文章とそこから滴り落ちるような情感が正にそれ。他の作品も是非とも読まねば。

  • 美しい

  • 久々に藤原伊織に触れた。本当に上手い。
    登場人物が一様に破滅的な人間。よくネタに尽きないな。

  • 短編6編
    いづれも、鬱屈した過去を持った登場人物。
    心の奥底に、固いしこりを持ちながら、生きる。その生きざまが描かれている。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1948年大阪府生まれ。東京大学仏文科卒。85年「ダックスフントのワープ」ですばる文学賞を受賞。95年「テロリストのパラソル」で江戸川乱歩賞、同作品で翌年直木賞を受賞。洗練されたハードボイルドの書き手として多くの読者を惹きつけた。2007年5月17日逝去。

「2021年 『雪が降る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤原伊織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
小野寺史宜
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×