煉獄の獅子たち (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.88
  • (11)
  • (22)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 229
感想 : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041119402

作品紹介・あらすじ

関東最大の暴力団・東鞘会の跡目争いは熾烈を極めていた。現会長の実子・氏家勝一は、子分の織内に台頭著しい会長代理の暗殺を命じる。一方、ヤクザを憎む警視庁の我妻は東鞘会壊滅に乗り出していた……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 深町秋生『煉獄の獅子たち』角川文庫。

    映画原作『ヘルドッグス 地獄の犬たち』の続編。

    深町秋生の最高傑作と言うべき前作『ヘルドッグス 地獄の犬たち』を踏襲する余りにも過激でハードなピカレスク小説。最初は我妻刑事の山形弁が作品の雰囲気を少し弛緩させているように感じたが、慣れてくると寧ろヤバいくらいのリアリティを感じる。

    跡目争いに揺れる関東最大の暴力団・東鞘会。現会長の実子である氏家勝一と会長代理の神津太一とが新会長の椅子を争い、対立する。次第に激化していく抗争と報復。氏家勝一は神津太一を暗殺するが、何故か風向きは変わらず、代わって神津組の十朱義孝が新会長の座に付く。

    一方でヤクザを激しく憎む警視庁の我妻刑事は東鞘会壊滅に乗り出すが、同じ警察の組織犯罪対策特別捜査隊から横槍が入る。山形弁丸出しの我妻刑事に初めこそがっかりするのだが、次第に正義の強面刑事ぶりを見せる。

    そして、前作で元警視庁の潜入捜査官で警察組織に見切りを付けてヤクザに寝返った是安総こと十朱義孝が本作でも再び……

    本体価格880円
    ★★★★★

  • 最近なかなか出会わなかった、今どきの感じがないガチガチの昭和のような極道物。
    もう、警察も信じられなくなるような汚く暴力的な内容だけれども展開の速さと裏切りの連続で最後の最後まで面白かった。
    既刊のヘルドックスの前日譚らしいが、読んだ割に全然記憶にない。この本を読んでも記憶が蘇らない・・・。

  • 著書(前日譚)からヘルドッグスへの繋がり方が良かった。「なるほど」と唸る奇抜な発想、展開には驚かされヘルドッグスを再読したくなる。ハラハラドキドキが勝るとも劣らない(ヘルドッグス)どちらかと言うと個人的には著書の方が好みの展開であった。個性豊かな登場人物それぞれの物語(ストーリー)もしつかり描かれ、感情移入というより客観的に臨場感(暴力・陰謀・裏切・緊張等)を堪能し物語に夢中となる。後半ここで終わらないで欲しい、もっとこの物語を読んでいたいという気持ちでいっぱいになる。読後別の本を読むつもりでいたが、即書店へと走り「天国の修羅たち」購入 読み始める。

  • 愉しく読了した『ヘルドッグス 地獄の犬たち』の“シリーズ”と聞き、早速に入手して紐解いた。そして夢中になった。本作は『ヘルドッグス 地獄の犬たち』の前日譚である。
    『ヘルドッグス 地獄の犬たち』では兼高という男が、東鞘会の内部抗争の残滓が燻るような中で活動する。本作はその内部抗争が起こって行くというような時期の物語である。兼高は未だ“舞台”に上らない。が、『ヘルドッグス 地獄の犬たち』に登場する東鞘会の関係者、警察の関係者の一部は本作にも登場する。
    物語には2人の主要視点人物が設定されている。
    警視庁組織対策四課の我妻(あづま)刑事と、東鞘会から分裂した和鞘連合の会長となった氏家勝一の下に在る織内とである。
    我妻刑事も織内も、各々に「争い」の中に身を投じ、各々に過酷な運命を辿るというようなことになる。
    本作では、『ヘルドッグス 地獄の犬たち』で「過去経過」として語られていた出来事が“進行中”となっている。
    東鞘会は“マフィア化”し、積極的な国外進出で大きな利益も上げ、強大な存在となっていた。そういう路線を敷いた5代目会長の氏家必勝が病死してしまった。
    5代目会長の路線を明確に受継ぐ神津が6代目会長ということになっていく。が、5代目会長の実子である氏家勝一は、反主流派を糾合して和鞘連合を興した。結果として東鞘会は分裂し、東鞘会と和鞘連合とによる抗争が勃発する。
    そうした情勢下、暴力団関係事案に取り組む組織対策四課の我妻刑事であったが、東鞘会の主流を担う神津組傘下の組による活動に掣肘を加えるべく捜査に取組もうとした。が“横槍”が入ってしまう。そういうことをしたのは、組織対策課から独立した形で活動する組織犯罪特捜隊であるようだった。如何してそういうことになるのか、我妻刑事は独自に調べる。
    東鞘会の反主流派を糾合して和鞘連合を興した氏家勝一であったが、当初の思惑よりも限られた規模の勢力という形になっていた。連合を苦心しながら運営しようとする氏家勝一の傍らには、極若い頃から彼と共に在った織内が居た。東鞘会側に大混乱をもたらしてしまおうと織内は、東鞘会の神津会長を襲撃するという指示を受けて行動を開始する。
    こういうような辺りから物語が展開することになる。
    東鞘会の、更に警視庁の秘密に迫って行くことになる我妻刑事、和鞘連合側の危険な活動に身を投じ続ける織内の2人の運命はやがて交錯するが、この2人の主要視点人物が各々に好い。
    我妻刑事は少し面白い。作者が山形県出身なのだが、我妻刑事も山形県出身で、作中の話し口調が山形の“御国訛り”になっている。猪突猛進で目指す情報に向かって行き、衝撃的な事実、そして自身の身の上にも衝撃的な出来事が降り掛かる。
    織内は、氏家勝一が極道の世界に身を投じる以前に率いていたカラーギャングに入って、そこから勝一を慕って自身も極道の世界に身を投じたという経過を辿っていた。幸薄い生い立ちで姉が在るが、姉の夫(義兄)が神津組の幹部であった。そういう事情で織内は過酷な運命を辿って行くことになる。
    『ヘルドッグス 地獄の犬たち』も面白かったのだが、本作は更に面白いと思った。また『ヘルドッグス 地獄の犬たち』で一部の劇中人物が見せる「やや異常?」の背景のようなモノが本作には盛り込まれている。
    色々な「意味合い」を感じる『ヘルドッグス 地獄の犬たち』の「前日譚」であるが、何れにしてもかなり愉しんだ…

  • そうなっとったんかーい、というラスト10ページ

  • 登場人物のそれぞれが救いが無い、骨太で悲しいストーリーなのだが、素晴らしいエンターテイメント作品になっている。
    これも映像でみたい。

  • 全員がおかしくなってくのが切ない。
    誰も幸せになれない。
    ヘルドッグスよりも前の話。

  • ヘルドッグスの過去の話。
    前作が好きだったので、色々と話が繋がっていくのが読んでいて楽しい。
    「いや、さすがにそれは無いだろう」と感じるところも多々あるが細かい事は気にしない。
    勝一のイメージが前作では最悪だったが、今作を読んで男気のあるいい男なんだな、と思った。
    暴力のプロ達による戦闘描写は手に汗握る。
    山形訛りの刑事の我妻の話も悲しかった。彼と彼女には幸せになって欲しかった。チェンソーマンのレゼ編を彷彿とさせた。
    少々長い小説ではあるけど、最後まで楽しく読めました。

  • ヘルドッグス前日談

  • 手に汗握って読みふけった大好きな作品
    『ヘルドッグス 地獄の犬たち』の前日譚

    こちらも負けずに手に汗握りハラハラドキドキしながら読了。なかなかハードな内容になってました。
    その先の結末を知りながらも物語に引き込むパワーは圧巻でした。

    迷ったけど『天国の修羅たち』を読んでから『ヘルドッグス』を再読します!

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1975年山形県生まれ。2004年『果てしなき渇き』で第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。同作は14年『渇き。』として映画化、話題となる。11年『アウトバーン』に始まる「八神瑛子」シリーズが40万部を突破。著書に『卑怯者の流儀』『探偵は女手ひとつ』など多数。

「2022年 『天国の修羅たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

深町秋生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×