落ちぶれ才女の幸福 陛下に棄てられたので、最愛の人を救いにいきます (角川ビーンズ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.33
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041119792

作品紹介・あらすじ

癒やしの曲を奏でる聖奏師のセリア。だが筆頭から落ちると、陛下に棄てられ、幼なじみのデニスと共に城を去ることに。けれどセリアには、何者かに筆頭の座を奪われたとの噂が。さらにデニスは裏の顔があるようで!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 正しいことをしているのに周りの人から反感を持たれたり、その正しさを認めてもらえなかったりするセリア。それでも自分が信じることを曲げず、自分にも周りにも厳しくあり続けているセリアは強い。だからこそ、聖奏師から慕われているのだと思う。立場も恋人も失ってしまったセリアが、この場所から逃げられたのはよかったのかも。傷ついたセリアが、自分を認めてくれない人たちの中にいるのは、辛かったと思うから。再会したデニスと楽しい日々を過ごせたのはよかったし、お互いをちゃんと理解して認められたのは嬉しくなった。今までの分も楽しく幸せに暮らせるといいな。と思った。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

岡山県在住。2012年から執筆を開始し、Webにて発表。2017年「異世界で幼女化したので養女になったり書記官になったりします」で出版デビュー。猫をこよなく愛する。

「2021年 『望まれた政略結婚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬尾優梨の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×