北原白秋詩集 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041120057

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 怖いほどに綺麗で、恐ろしいまでに官能的。

  • 初期の頃の闇の香りが官能的な毒々しい作風が好きだ。こんな人が同時に今でも愛唱されてる童謡も作詞してるんだから、人生は味わい深い。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1885年(明治18年)、九州・柳川生まれ。童謡を含む幅広い作品で、日本の近代文学に偉大な足跡を残した詩聖。処女詩集『邪宗門』でエキゾチック感覚の象徴詩人として知られる。

「2020年 『美の魔睡 邪宗門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北原白秋の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×