大河の剣(四) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041120699

作品紹介・あらすじ

日本一の剣術家を目指す山本大河は、自らの強さを磨くために、武者修行の旅に出た。熊谷で雲嶺館の当主・稲村勘次郎を打ち破った大河だったが、師範代から再戦を申し込まれ──。待ち受けるのは罠か?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2021年11月角川文庫刊。書き下ろし。シリーズ4作目。盗まれた十両事件を穏便に解決する大河が良い。単なる剣術馬鹿ではなかったのは良かったが、ここまで無駄に話を引っ張るのはちと不満。次作が楽しみ。

  • 庄屋の嫡男だった大河が剣の修行のために江戸にでる。
    この4巻は、免許皆伝を受け、全国に修行に出て、数々の剣豪と試合をするうちに、自惚がみづからのうちにあると指摘を受ける。

    精神の成長とはに気づくくだり。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1955年、熊本県生まれ。脚本家などを経て、94年に作家デビュー。近年は時代小説に力を注いでいる。人気シリーズに「酔いどれて候」「風塵の剣」「喜連川の風」(以上角川文庫)「隠密船頭」(光文社時代小説文庫)、「浪人奉行」(双葉文庫)、「武士の流儀」(文春文庫)などがある。近著に『武蔵 残日の剣』。

「2022年 『大河の剣(六)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

稲葉稔の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×