月に吠える―萩原朔太郎詩集 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.64
  • (35)
  • (30)
  • (82)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :305
  • レビュー :43
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041121061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 5月19日読了。萩原朔太郎の詩集、iPhoneの青空文庫アプリにて。詩集のタイトルからか「青白い」印象を受ける詩集、純粋で痛々しいが目を背けたくなるような露悪的なものではなく、読後感は悪くない・・・詩は感傷的な独白ばかりではいやらしくて胸焼けがしてしまうが、この作品では情景を観察して描写た「写実的な」詩が多く、かえって読んでいてイメージが喚起される。(「およぐひと」短いが強く印象に残った)声に出して読めばまた感想も変わるかな。切れ味鋭い短詩もいいが、終盤に収められた二編の長編も、ちょっとした小説のようで興あり。

  • 北原白秋からの推薦文と本人の解説も含めて全て朗読していただきたい。

  • 一遍のみ、などできちんと一冊読んだことがなかったので
    手に取ってみました。

    詩の技巧的なところなどは正直あまり理解できておらず
    雰囲気で読んでしまうのですが、
    口語体で詩を書くということが画期的だったことや
    32歳のときの自費出版であったなどの
    時代背景ともあいまって、
    孤独が淡々と綴られている感じが
    胸に染みてくる感じがしました。

    解説の
    芸術家の創作活動の厳選はたいていトラウマに見出すことができる
    という言葉に頷いてしまいました。

  • ちょっとよく分からなかった…

  • 「竹」が懐かしい。教科書に載っていて朗読したのを覚えている。他の詩はみなかたい感じ。そしてちょっと暗め。とても繊細な人なんだろうなぁ。細かいところを見ていて、その描写がまた細かい。

    るなぱあくが出てきたので驚いた。「遊園地にて」と書いて「るなぱあくにて」。ルナパークこんな時代からあったんだね。るなぱあく…とてもノスタルジーな響きが好き。

  • 祖父所持の創元文庫にて。
    北原白秋の序文、初版の序、室生犀星の跋文がすごくて、三人の関係が知りたくなる。

    月に吠える
    竹とその哀傷
    雲雀料理
    悲しい月夜
    くさつた蛤
    さびしい情欲
    見知らぬ犬
    長詩に篇
    蝶を夢む(抄)

  • 後半に収録されている、詩集 純情小曲集と氷島が印象的だった。

  • 家に萩原朔太郎全集があったのでその中から一番有名なこれを。萩原朔太郎、初めて読んだけど、凄いわ。 何か病んでるって言うか……天才と狂気は紙一重って本当だと思う。 狂気の向こう側に、きっと見たこともない世界が広がってるんだろうなぁって思う。 朔太郎は竹にまつわる一連の詩を残しているが竹シリーズは特に朔太郎の暗部が浮き彫りになっていると思う。 読み終えた後病んだ。 名作は何かを消耗させるものだと改めて感じた。2010/099

  • 静かに腐っていくような綺麗な膿を抱えた詩集。
    「悲しい月夜」「ありあけ」「死なない蛸」が印象に残っています。

  • 病的で非常に神経質、だけどどこか幻想的で、心惹かれる一冊。

全43件中 1 - 10件を表示

萩原朔太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
遠藤 周作
アゴタ クリスト...
梶井 基次郎
ウィリアム シェ...
フランツ・カフカ
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

月に吠える―萩原朔太郎詩集 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする