見知らぬ女子高生に監禁された漫画家の話 (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041121443

作品紹介・あらすじ

「ここはどこだ?」 目を覚ますと見知らぬ天井、あたりに一切の明かりはなく、首には――首輪と鎖!? ふいに灯る部屋の電灯。そこにいたのは包丁を携えた女子高生。JKと漫画家、二人の監禁ライフが幕を開ける!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 漫画家でスランプ気味な主人公はファンである女子高生此方(こなた)に監禁され、漫画を描いていくお話。
     話の流れは日記帳みたいな感じに進んでいく。主人公は2日目以降にはおかしくなっていき、監禁している本人此方のことを気になったりと異常な関係になっていきます。

  • 目がやばいな

  • 面白かった!監禁された漫画家の、日記形式で進んでいく日々。最初は命を危機を感じ、どうにかしようとしていたものの、物語中盤あたりから此方ちゃんへの気持ちが徐々に変わっていって…。大2巻では果たしてどうなるものか。きただりょうまさん原作のノベライズ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京都出身。2014年から「カロン・ファンタジア『オフ』ライン ――鎌倉住みの裁縫士――」の連載を開始。人気を得てGAノベル版同作にて商業作家デビュー。

「2017年 『カロン・ファンタジア 『オフ』ライン4 ――絆の万糸で織る結び――』 で使われていた紹介文から引用しています。」

穂積潜の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×