船玉さま 怪談を書く怪談 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.24
  • (1)
  • (9)
  • (17)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 157
感想 : 11
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041121658

作品紹介・あらすじ

海が怖い。海は死に近いからーー。山では、「この先に行ったら、私は死ぬ」というような直感で足がすくんだこともある。海は、実際恐ろしい目にあったことがないのだけれど、怖い。ある日、友人が海に纏わる怖い話を始めた。話を聞いているうちに、生臭い匂いが立ちこめ……。(「船玉さま」より)
海沿いの温泉ホテル、聖者が魔に取り込まれる様、漁師の習わしの理由、そして生霊……視える&祓える著者でも逃げ切れなかった恐怖が満載。
「"これ本当に実体験! ?"と驚くことばかり。ぞくぞくします。」 高松亮二さんも絶賛の声! (書泉グランデ)
文庫化にあたり、メディアファクトリーから刊行された『怪談を書く怪談』を『船玉さま 怪談を書く怪談』に改題し、書下ろし「魄」を収録。解説:朝宮運河

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 加門さんの怪談は本当に怖いですね。

    実話なので余計にそう感じるのかもしれませんけど(◎_◎;)

    ですが、やはり語り口が面白くてついつい読んでしまう。

    怖いけど、面白かったです。

  • 5よりの★4
    さすが加門さんです。
    異形そのものを怖く表現するのではなく、普段の生活の中に怖い物が存在する事を表現してくれます。
    普段の生活環境に怖いものがいる事を考えさせてくれます。
    とくに「カチンの虫」。。郷内さんや聖書関連を読んでて良かったと思わせてくれるエピソードでした。
    「いきよう」は郷内さんの言う“災禍へ自ら踏み込んで行き”、自分が災禍に見舞われるのは自業自得。。この考えは皆同じ事言いますね。
    更に読み進め、、古い本を読みたくなる衝動。『遠野物語』、『虫千』読みたくなりました。

  • もはやエッセイぐらい軽いホラー体験談。
    表題作はもちろんいくつか怖い話もあるけど、
    語り口の影響もあり爽やかで読みやすい。
    怪談を書く怪談が妙な説得力でとても怖かった

  • 表紙とタイトルは恐かった

  • 疲れてくると訳もなく怖い話が読みたくなるけど、怖すぎるのはいや。
    いつもながらちょうどよい。

  • 最近、加門さんの本(特に体験談)を探しまくって読んでいる。霊的なものを感じる、見える加門さんの体験はやはり小説よりも色んなパターンがあり新鮮。何を伝えたくて出てくるのかわからないのが逆にリアリティがある。「浅草純喫茶」が良かった。昔の姿で出てくる霊は時間が止まったままさ迷っているのかな。

  • この作者さんのホラーは初めてだったので気づかなかったが、ホラー小説というより実話怪談って感じであんまり怖くなく、個人的には好みではなかった。
    ある意味リアルな反応、対応ではあるし、実際に体験したら絶対怖いとは思うけど、読み物としては全然怖くなくて残念。

  • 恐怖というよりノスタルジーを感じる話が多い。

  • 再読感満載だったので「?」となり、巻末見ると『怪談を書く怪談』の文庫化と判明。
    びっくりしました。
    久々だった為、そのまま読み進めました。
    普通に楽しんで読めました。
    「通常ではない精神をもつからこそ、神に近く、魔にも近い。遠退いた者ならば尚更の事」聖者の眼差しは何を映したのだろうか。

  • ある怪談を書こうとすると、何かしらの異変が起こることがある。それは些細であるが、実害があってどこか不気味なものだ。そんなことは今まで多く体験してきたが、どうしたって、なれっこない。やっぱりどうにも恐ろしいのだ。

    ***

    怪談界隈では有名な加門七海さんの単著。アンソロジー形式の本で一話二話は読んだことがあるのだが、加門七海さんのが書き上げた一冊を読むのは初めて。表紙を飾るなんとも不気味な女性のイラストにひかれて購入。 帯にある、容赦なく恐ろしい実体験!
    と書いてあるが、腹の底にぐぅっとくるような怖い話はなく、怖いがそれよりも不思議な雰囲気をまとった話で構成されていた。

    収集した実話怪談を多少校正して収録している怪談集とはちょっと違う様子。いつも端的に書かれている文章に慣れているせいか、少し詩的な文章でなかなか入り込めなかった。加えて日本の文化的な蘊蓄話が多く、着物の知識や髪結いの知識がさっぱりである残念な私では脳裏に幽霊の像が鮮やかに結べなかった。(調べてもあんまりぴんと来なかった私の脳みそが残念過ぎる)
    単純に怖い話が読みたい!というときは不向きだが、独特な、まるで怪異など特別なことでなく、日常で起った有様である、という雰囲気は好ましい。

    私の知識がないせいで、読んでいる内容のほとんどがちんぷんかんぷんであった所為で、各話に明確な感想を書けないことが申し訳ないが、考えれば考えるほど陳腐な言葉しか出てこずこの作品の面白さを伝えきれないので、いつものような読了ツイートは難しそう。それでもやっぱり、お気に入りの話はいくつかあったので、タイトルだけでも!

    怖かったなと思った話は「船玉さま」、「誘蛾灯」。

    「船玉さま」は得体のしれない何かが日常に入り込んでくる気味の悪さを感じる話。
    「誘蛾灯」は作中で一番怖かった。静かにであるが、着実にやってくる恐ろしい何者か達に鳥肌が立った。
    加門七海さんはこういう作風なのだろうか。いろいろな不思議な実体験を垣間見れるのは面白いが、その面白さを100%にするためには私の知識があまりに足りない。この著者の本はまだ何冊か所持しているので、次こそは100%楽しんでやる!


    あと、先ほどは記さなかったが「とある三味線弾きのこと」も味わいのある話だった。一番好きだったのはこの話だ。 なんというか物悲しい様な、切ない様な……。哀愁の漂う話であった。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

加門七海
<プロフィール>
東京都生まれ。美術館学芸員を経て、1992年『人丸調伏令』でデビュー。伝奇小説・ホラー小説を執筆するかたわら、オカルト・風水・民俗学などへの造詣を生かしたノンフィクションも発表。自身の心霊体験をもとにした怪談実話でも人気を博す。小説に『203号室』『祝山』など、ノンフィクション・エッセイに『大江戸魔方陣』『お咒い日和』『墨東地霊散歩』『加門七海の鬼神伝説』など、怪談実話に『怪談徒然草』『怪のはなし』など多数。

「2023年 『神を創った男 大江匡房』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加門七海の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×