ラブコメ漫画に入ってしまったので、推しの負けヒロインを全力で幸せにする (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041122303

作品紹介・あらすじ

ある日俺はトラックに轢かれて、気がつくとラブコメ漫画の主人公の親友になっていた。ああ、これは夢なんだな、目の前には最推しの負けヒロイン嶋田聖――「好きだ」愛を伝えられてもう満足なのに夢は覚めず……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これは楽しい!トラックに轢かれ大好きなラブコメ漫画の主人公・勇一の友人・久村司に転生した主人公が、最推しの負けヒロイン嶋田聖を幸せにすることを誓う、タイトルがあらすじ系の小説でした。グイグイと好きを伝えてくる司に対して、はじめは固いけど徐々に惹かれていくクールな聖ちゃんがとても可愛らしいですね。ラブコメなのだけど純愛物語なのが刺さります。さて、勇一サイドがハッキリと三角関係になってくれたので、これからは司と聖がイチャイチャしながら、彼らの関係を見守って行く展開になっていくのでしょうか。続きが楽しみです。

  • ヒロインに対して最初から好きだ幸せにしたいとガンガンアピールしまくりでもガツガツしてるようには見えないしアピールされたヒロインも照れまくりつつも真剣に考えてくれて終始明るい展開で最後はもちろんハッピーエンドの良い話でした。

  • ラブコメ漫画「おじょじゃま」の世界に転生した久村司は、生前から推しだった嶋田聖に出会って(夢だと思って)熱烈な告白をする
    久村は本来の主人公・重本の親友枠、嶋田聖は重本を好きな親友・藤瀬志帆の想いを優先し自分の重本への恋心を諦める負けヒロイン
    そんな二人の本来のラブコメ漫画にはないイチャラブ展開が始まる……

    とにかく聖が久村のことを意識しはじめ右往左往しながら……という展開がもう微笑ましくて楽しくて面白かった
    本来のラブコメ漫画のストーリーである重本・藤瀬・東條院の三角関係も楽しかったし

    若干未来が変わりそうなフラグとか、なんか妹ルートがありそうな展開とか不穏ではある
    個人的には次巻では久村・聖のイチャラブ展開を堪能したいところだが……

    なお、小説として面白いだけにイラストの刺し違えがある点が非常に残念

    【以下再読のための備忘】
    ・トラックに突っ込まれつつも死にたくない理由(「おじょじゃま」が完結してない!!)が笑わせてくる
    ・告白の文言を一字一句覚えていたがために悶絶する聖ちゃん可愛すぎ
    ・『嘘でしょ。聖ちゃん、絶対に今も顔真っ赤』
    ・不安そうに俺のことを見上げて問いかけないで欲しい、そんなのなんでも聞いてしまう。
    ・「聖ちゃんと結婚なんてしたら死ぬぞ、俺が」「そんなに好きなのかよ!?」
    ・『えー、だけど久村くんに可愛いて言われたいでしょ?』「ソ、それは言われたいが……あいつにはいつも言われているから、別に……」『……えっ?今、惚気られてる?』
    ・もうすでに告白してるから俺の気持ちを知っているのに、言葉にすると照れる聖ちゃんが可愛い。
    ・熱烈な告白をする歌織、告白を受けて赤面する重本、それを聞いて赤面する藤瀬……(笑)
    ・久村司・嶋田聖の会話に砂糖を吐きそうになる久村妹
    ・「なぜショートケーキが黒くなったのか、今でもよくわからない」(笑)

    【内容:アマゾンから転記】
    この子が負けヒロイン? なら俺が誰よりも幸せにする!!

    『幼馴染お嬢様が邪魔をして、普通のラブコメが出来ない』通称『おじょじゃま』、アニメ化も進行中のラブコメ漫画だ。俺の推しは、いわゆる負けヒロインの嶋田聖。クールに見えて、実は照れ屋でギャップが超可愛い。そんな彼女が今、目の前にいて……!?
    (ああ、これは夢か。なら覚める前に一言――)
    「好きだ」「なっ!? な、何を言っている、久村!?」
    どうやら俺は、友人キャラの久村司になっているらしいが、聖ちゃんに愛を伝えられたなら何だっていい。もう大満足だが一向に夢から覚めることはなく。
    ……もしかして、漫画の中に入り込んだ!? だったら全力で推しを幸せにしてやる!

  • ヒロインが可愛くて話も面白かった!続きが出たら即買う

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

作家。webをメインに作品を投稿。書籍化作品に『不死鳥への転生  ドラゴン倒せるって普通の鳥じゃないよね』など。

「2021年 『願いを叶えてもらおうと悪魔を召喚したけど、可愛かったので結婚しました2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

shiryuの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×