夫婦商売 時代小説アンソロジー (角川文庫)

  • KADOKAWA
2.75
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041122518

作品紹介・あらすじ

履き物屋夫婦と街の人々との交流を描く(「もみじ時雨」山本一力)。旅籠屋夫婦が泊めたお客は訳ありで……(「駆け落ち」諸田玲子)。海産物問屋の手代に託された密命とは(「痛むか、与茂吉」澤田瞳子)。我がまま夫婦の箸屋で働くおふくを事件が襲う(「粒々辛苦」宇江佐真理)。貧乏旗本と町娘との曖昧な恋を描く(「逢対」青山文平)。若夫婦の古道具屋を訪れるのは変な客ばかり(「平蜘蛛の釜」山本兼一)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【収録作品】「もみじ時雨」 山本一力/「駆け落ち」 諸田玲子/「痛むか、与茂吉」 澤田瞳子/「粒々辛苦」 宇江佐真理/「逢対」 青山文平/「平蜘蛛の釜」 山本兼一
     「夫婦」と「商売」の話はあまりないのかなと首を捻りたくなるチョイス。内容として面白いものもあるのだが、テーマとはずれているような。

  • 山本一力 2009年12月中央公論新社刊のまねき通り十二景から:もみじ時雨、諸田玲子2008年12月角川文庫めおとから: 駆け落ち、澤田瞳子問題小説2009年10月号 痛むか,与茂吉、宇江佐真理 小説野生時代2013年3月号口入れ屋おふく粒々辛苦、青山文平読楽2015年5月号逢対、山本兼一オール讀物2006年4月号平蜘蛛の釜、の6つの短編を2022年3月角川文庫刊。青山さんの逢対が本編で読んだ時より、好ましく思えました。諸田さんの初期の作品だという駆け落ちが興味深い。山本兼一さんのとびきり屋見立て帖シリーズが気になり本編を読んで見ようと思います。

  • 「これが俺の武家奉公だ。たから、毎日通っている」

  • 青山文平、宇江佐真理、澤田瞳子、諸田玲子、山本一力、山本兼一、6人の大好き作家がこの本に含まれていて、楽しんで読んだ。
    諸田玲子氏の「駆け落ち」の最後は、もう一つ良い方へと書いて欲しい気持ちに。
    宇江佐真理氏の「粒々辛苦」箸作りに、家族総出で、頑張る所や割り箸一つでも、年季のいる仕事だと…
    そして、この四文字熟語を知らない人も多いのでは…と思いながら、このようなちょっとした言葉を時代小説で、掲載されたら、良いなぁと思う。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

作家

「2022年 『ベスト・エッセイ2022』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青山文平の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×