魔女と騎士は生きのこる (1) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041122785

作品紹介・あらすじ

領主の息子・アグレディオスが長い狩りから村に帰ってくると、かつての喧騒が、笑い声が、消えていた。"禁忌の森"に住む"魔女"が原因だと知ったアグは、絶望を怒りで塗りつぶし復讐のため森へと分け入っていく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あー、なるほど。この生活感、「生きる」ために助け合う感じ、凄く好きです。

    生き残る事、生存を描いたファンタジー。
    冒険や英雄譚ではないというのがポイントです。

    …地味な印象はあるのですが、そのおかげで知恵を凝らして困難な状況を乗り越えていこうとする行動、登場人物たちの心境が丁寧に描かれています。

    個人的にツボなポイントはファンタジー(中世ヨーロッパ)の生活が感じられる点。
    食生活が目立って感じられますが、それ以外でも村の街並みや服装、武器や装備、それから夜の暗さの表現が何とも「それっぽい」。
    「魔法についての説明がない」所も生活に根差してる感じがして好みです。

    また、キャラクターも魅力的。
    特に主人公・アグレディオスの実直さが良いですね。
    家族や村の人々を失っても、残された微かな希望のため前向きに立ち上がれる感じ。
    驕り高ぶらず、自分にできる事・できない事を把握して、最善(と思われる)の行動をとれる。
    仲間の気持ちを察する事が出来て、人を傷つけたならそれを反省し、謝れる。
    …えっ、理想のリーダーなのでは?(本人は望んでなさそうですが)

    魔女(あえて名前は伏せますが)は…こういう描き方もあるんだなぁ、というか。
    つまりは異文化・異端なのですが、彼女の素朴さ、純粋さは…正直もっさりしているのですが、彼女が変わっていく、彼女とアグレディオス達が関わっていく様子が化学変化のよう。
    もちろんキーキャラクターなのですが、今のところはコミュニケーションがうまく出来ていないので謎の人ですね。
    というか、服の概念あるんだ…?(笑

    アグレディオスの妹、グリエメルダが実は真っ当な騎士キャラっぽい印象(アグは狩人とかレンジャーの雰囲気が強い)。
    戦えるしカッコいいし美人だし。
    冷静沈着ですがちゃんと兄や仲間達に配慮が出来る子。
    つまり超ステキ。
    …ダブルヒロインだとすると、今のとこグリの方が…いやいや。

    その他、生き残りの双子、ペルシとペルラ、養蜂一家など、皆魅力的。
    誰もが端役ではなく、しっかりと物語の登場人物として活躍しているのが素晴らしいです。
    …完全にウーラは面白キャラですけども(笑

    絶望的な状況からどうやって村を復興させるか…と思ってたら更にまずい状況になりそうな雰囲気。
    日々の生活だけで精いっぱいなのになぁ…。

    2巻も楽しみです。

  • 狼は眠らないの作画の方のなかなかにヘビーな設定の話。

全2件中 1 - 2件を表示

新川権兵衛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
殆ど死んでいる
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×