ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 III クローズド・サークル (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.64
  • (8)
  • (46)
  • (24)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 399
感想 : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041123331

作品紹介・あらすじ

彗星のごとく出現した作家、櫻木沙友理。刊行された小説2作は、いずれも100万部を突破、日本じゅうがブームに沸いた。彼女を発掘した出版社が新人作家の募集を始めることを知ったラノベ作家の杉浦李奈
は、親しい同業者の那覇優佳とともに選考に参加。晴れて合格となった2人は、祝賀会を兼ねた説明会のために瀬戸内海にある離島に招かれるが……。そこはかの有名な海外推理小説の舞台のような、“絶海の孤島”だった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 無人島でのクローズドサークルによる見えない犯人との攻防かと思いきや、身内に犯人がいたという種明かしは驚きでした。作家のリアルな有名になるまでの道のりの険しさなども知れてとても面白かったです。

  • シリーズ3作目。
    2作目までの本にまつわるミステリーとは少し趣向を変え、今作の舞台はクローズドサークル。
    新星のミリオンセラー作家・櫻木沙友理を発掘した出版社の新人作家を募集することを知った李奈は、同じ小説家の友人・優佳と一緒に応募する。
    最終選考の8人に残った李奈と優佳は瀬戸内海に浮かぶ無人島に招待される。
    う~~~ん。
    ここまでの展開ですでに無理があるような気がする。
    招待された8人の小説家と管理人代わりのバイト、カメラマン、そして櫻木沙友理だったが、初日の夕食の時に主催者である編集者が毒殺される。
    お決まりの電話線も切られ、まさに絶海の孤島に残された10人は生きて帰れるのか、壮絶な心理戦が繰り広げられるのだが・・・
    少し前に「密室黄金時代の殺人」を読んでしまったからなのか、トリックがとても面白くなかった。
    次から次へと人がいなくなるが、殺人事件が起きていないのも明白で、最後の種明かしもイマイチ。
    すでに4作目が出ているが、3作目を読んでから購入を考えようと思っていたが、やっぱりもういいかなぁ。

  • 李奈さん。

    相変わらず、
    事件に巻き込まれてますね。

    シチュエーションは、
    実際にはあり得ないと感じましたが、
    小説としては面白かった。

    優佳さんは、
    サブキャラとして今回も登場してますが、
    相変わらず何の役にも立ってない。

    GW中に、積読状態のⅣも
    読んでみます。

  • クローズド・サークル。
    ミステリーファンなら基礎の基礎と言える、アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』を彷彿とさせるタイトル。
    もちろん中身も。
    この本歌取りめいた物語だが、そもそも集められた原因は「櫻木沙友理」というとんでもなく売れに売れた作家の後継者選びだった。
    櫻木は誰なのか。
    その謎解きと、そもそも櫻木はいるのか。
    『金田一少年の事件簿』を思い出す。

    売れない作家たちの運命やいかに。

    終わり方は一回でわからず、数ページ戻ってもう一度読んだ。
    なるほど、櫻木は「いた」。
    ちょっと解決シーンが急ぎ気味だったかなという印象と、李奈の最後のセリフが蛇足、のような気もするが……。
    古今東西のクローズド・サークル本へのオマージュが効いている。
    さて、この物語、実はVに続いていく。
    ⅢとⅣの読む順番は入れ替わっても問題ない。

  • まぁ、本格推理というか、こういうものにまで手を伸ばす松岡さんはすごい!と思うが、このジャンルはあんまし自分の好みでない。

  • Ⅰ、Ⅱと少し変わって話が拡張した印象。

    とにかく今回はキャラクター達が動く動く。友人の那覇優佳の存在は李奈にとって心強かったでしょう。

    今回はあまり出てこなかったけど、レギュラー化されてきたキャラクター達のポテンシャルの高さに驚かされると同時に、どこまでその能力が引き出されていくか、今後の作品が楽しみ!

  • タイトル通りのクローズド・サークルもの
    いつものように引っ張りに引っ張る展開だけど、打って変わって無理無理な構成で今ひとつ

  • 登場人物が多くてちょっと混乱。
    きっとつじつま合ってるんだろうなと思うけど確認するまでには至らず。
    杉浦李奈の成長を感じられる。

  • 孤島の島で殺人事件が発生して、見えない犯人に怯える感じのよくあるクローズドサークルものだった。

    前作までは、1人死ぬくらいだったのが急にテンポが変わったので新鮮だった。けど、ラストはいつも通りの展開になり読者の裏をかいた感じが良かった。

  • シリーズ第3作。新星ミリオンセラー作家の櫻木沙友理を発掘した出版社の新人作家募集にラノベ作家の杉浦李奈と友人で作家の那覇優佳は参加する。2人は揃って合格し瀬戸内海のリゾートアイランド汐先島に招待される。合格した小説家8人と櫻木沙友理・編集者・カメラマン・世話係の計12人が絶海の孤島で事件に巻き込まれる。
    前2作では探偵役に徹した李奈が今作で事件の禍中に放り込まれる。文芸色を薄めミステリを前面に小説家の苦悩を描く。絶妙な違和感と伏線、事件の真相が2転3転し緊迫感が漂うクローズドサークル。
    ★★★✩✩ 3.0

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作「千里眼」シリーズは累計628万部超。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化、ブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞。『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』は19年に全米翻訳出版。NYヴァーティカル社編集者ヤニ・メンザスは「世界に誇るべき才能」と評する。その他の作品に『ミッキーマウスの憂鬱』、『ジェームズ・ボンドは来ない』、『黄砂の籠城』、『ヒトラーの試写室』、「グアムの探偵」「高校事変」シリーズなど。

「2023年 『高校事変 15』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡圭祐の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×