拝み屋念珠怪談 奈落の女 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.53
  • (2)
  • (8)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 65
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041124475

作品紹介・あらすじ

かつての相談客・裕木が拝み屋・郷内のもとへ持ち込んだ、200話にも及ぶ生々しい怪談実話。
突如校庭に現れた生首、遊びに誘いにくる死んだはずの子供。写真に写り込んだ、異様な巨体をもつ女……。
奇怪な記録を読み進めるうちに、郷内は複数の怪談に繰り返し登場する不気味な女の影に気づく。
一連の「念珠怪談」に隠された、ある驚愕の真相とは――。

これは読む者を奈落の底へと突き落とす「生きた怪異」、その後半の記録である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人から人へ数珠のように途切れることのない怪談話……。第2弾。

    郷内さん……。
    やはり裏切らないね……‎߹ㅁ‎߹)♡



    前回読んだ『拝み屋念珠怪談 緋色の女』で、私は生意気にも、

    「先が読める…( ≖ᴗ≖​)ニヤッ」

    とかほざいておりました。

    郷内さん、ごめん…っ!!(༎ຶ⌑༎ຶ)
    なんだなんだこの展開は!
    予想を覆す展開に、早く続きが読みたくなる!

    数珠繋ぎの如く繋がる怪談話という事実だけでも凄いのに、語られる話の中にも謎や関連がちらほら…。

    蒐集している裕木自身の身に起こる不思議な現象…。

    そして本人も気づかぬうちにはまり込んでいる闇の世界…。

    さすがシリーズ最終章だけあり403ページというボリュームですが、半分を超えると読む手が止まらなくなります。

    名称は仮名となっていますが、個性的な仮名すぎてたまに読めない。
    際立たせる為なのかもしれませんが、中々のキラキラネームなのが軽い癒し笑

    このシリーズ読むたびに何度も言うけど、これ、実話だよね…((((;゜Д゜)))
    怖すぎるんですけど…。


    11冊の【拝み屋怪談シリーズ】ラスト!!
    次は【拝み屋備忘録シリーズ】だよね。確か。

    楽しみながら読み進めたいと思います(*´˘`*)
    (実話怪談だぞ)

  • 前回よりも興味が深い。
    そろそろ全てが終結するのだろうか。
    幸も不幸も全てはカードの裏表。
    こちらに誘いを拒否することは出来ない。
    どの道もう後には退けない。

  • 続きが気になります。
    湖姫さんが、ポッキーを食べるシーンがよかった。フランス料理には、キールロワイヤル、マリアージュ選ぶのもいい。
    デジャブ的な怪談がいくつかあった。自分の記憶違いか。庭のノーム人形、メイちゃんなど。
    人名も見たことあるような名前が続くのだけど、これも記憶違いか、または、作者が、同じ名前を仮名として2度使いしているのか。
    紙の本なので確認作業がわずらわしいが、気になるので、気が向いたら探してみよう。

  • 今までのことが全て繋がって、そろそろ終焉が近い?

  • 拝み屋怪談のシリーズで、まだ続く様子で終わる。
    実話怪談風の形式の短編が続くが、実はところどころに伏線、共通点があってそれを意識しながら読むと最後の方でいろんなことが繋がる時にアッ!ってなる。
    主人公の女性の視点で綴られているが、霊感のない主人公が初めてはっきりと異常なものを感知し恐怖するところは臨場感があって怖かった。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1979年、宮城県生まれ。郷里で拝み屋を営む。
2013 年、「調伏」「お不動さん」の2作で第5回「幽」怪談実話コンテスト大賞を受賞。受賞作は『怪談実話コンテスト傑作選 お不動さん』に収録されている。著書に、最新刊の『拝み屋念珠怪談 緋色の女』(角川ホラー文庫)、『拝み屋備忘録 怪談火だるま乙女』(竹書房怪談文庫)のほか、『拝み屋怪談 怪談始末』をはじめとする「拝み屋怪談シリーズ」、「拝み屋備忘録シリーズ」、「拝み屋異聞」シリーズ(イカロス出版)がある。「拝み屋怪談」シリーズはドラマ化された。

「2021年 『拝み屋奇譚 災い百物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

郷内心瞳の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×