解剖探偵 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.84
  • (5)
  • (30)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 231
感想 : 11
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041124895

作品紹介・あらすじ

首吊り死体が発見され、八王子署の新人刑事・祝依は現場に急行。担当の凄腕解剖医・霧崎はゴスロリ服の上に白衣をまとった風変わりな女医だった――「解剖は、すべてを明らかにします」注目の医療ミステリ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 殺された人間の幽霊が見える主人公ー自殺だと見えない、おやまあ変てこな設定だが、この主人公が単なるへたれじゃないところはいいね。地雷系ゴシックロリータ女子の解剖医も相手役として不足なし、というかほとんどこっちの個性で物語が成り立っている感じかな。最後のあたりのどんでん返しぽい展開もいいね。

  • 幽霊が見える新人刑事と解剖医によるバディ?もの。

    解剖や法医学メインではなく、霧崎先生の推理力によるところが多いかなといった感じです。現代のネットニュースや報道について考えさせられます。

    後半はすごくテンポが速くなり、あっという間でした。

    まだ霧崎先生の過去の事件は解決していなそうなので、今後も楽しみです。

  • 殺人被害者の霊が観える刑事と法医学教室の執刀医が、手を取り合ったり疑いあったりしながら事件を解決するお話。
    今作では自殺に偽装した殺人を暴いていますが、ちょっとした違和感を解剖することでより明らかにしていく感じです。
    それほど解剖シーンは多くないです。

  • 面白かった!
    幽霊の見える刑事と、ゴスロリファッションでコミュ障の解剖医という二人の主人公のキャラクター造形がいい。読んでいて応援したくなる二人。
    また、キャラクター小説としてだけではなく、解剖学の知識も興味深い。
    ミステリとしては少々不満は残りつつも、楽しく読ませてもらった。
    初読みの作家だったが、もっと他の作品を読んでみたいと思えるような小説だった。

  • 幽霊の見える新人刑事とのバディものとあったので、もっとフワフワした感じなのかと思ったら、ガッツリ解剖学観点からの実証と捜査、登場人物全員が犯人かのようなミスリードもあって、グイグイ引き込まれました

    後半のもしかして、というヒリヒリするような追い詰められ方にも楽しませてもらえました
    とても面白かった!

    まだ過去の事件の真相も明らかになっていないし、続編が待ち遠しいです

  • いやー、面白かった!

    途中犯人は絞れたけどそれでも面白い!
    犯人が絞れて、犯行動機がわかっても展開が読めなくて夢中で読み進めました。ゆったりと進んだストーリーが途中からスピードアップすると緊迫する展開のスピード感と相まって本当に面白かった。

    読んでる最中に面白いって何回言ったかな。

    これは続編もあるかな?と期待してます!

  • 仄暗い闇纏う感情が最初から最後まで消えず、謎めくままに燻り次なる展開へ、といった感じでした。次作バリバリな繋げ方なので、今作だけと踏まえると少し物足りなさはあり。
    美人で才覚ある解剖医。だがゴスロリで無口無表情といったクセのある霧崎さんは、登場から魅力を感じる描かれ方。
    中々に掴めない言動で、まだ今作では謎も多く踏み込んで深堀りされてはいないのですが、静のみかと思っていたらカッコイイ動なるシーンもあるという所を披露してくれるので、そのギャップが良かったです。
    疑惑だらけの人物達が多数出てくる中、途中途中で挟まれる犯人の心理描写があり、読んでいてあれこれと推理が楽しく、先を急いで読みました。
    事件の核心に向かう終盤はやや一気に色々詰め込まれてきた感じを受け、情報整理やある人物の疑惑や本音たる心情吐露と今回の事件、その過去エピソードなど、繋がりが頭の中で上手くまとめられず少々混乱(頭の回転が鈍い故/笑)
    まだ祝依さんとの関係もこれからといった感じで、霧崎さん自身の事件の真相もまだ解明されていないので次作の展開でどう動くのかが気になります。
    祟られ屋シリーズファンには嬉しいサービスがあり、彼らに会いたくなりました。個人的には祟られ屋の方が好みなので続刊希望します!

  • 情景が浮かびやすい言葉を使っていて躍動感があって面白かった。
    キャストも連想しやすくてサスペンスドラマを頭の中で映像化しやすい作品であると思う。
    あまり小説は読まない方だったが、これを機に読んでみたい

  • 解剖シーンや専門用語的なものはそこまでなかったので読みやすかったです。主人公は殺されてしまった人の幽霊が見えるという設定ですが、幽霊のおかげで事件解決!というよりは、解剖で真相を解き明かしていくといった内容です。

    解剖医、霧崎真里(きりざきまり)の過去が気になりました。
    少しだけ出ていたけれど結局どうなったのか…?
    続編はあるのかな?
     
    あと主人公、祝依然(いわいぜん)の名字の読み方が時々分からなくなってしまいますね…


全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京生まれ、谷根千エリア近辺に在住。散歩や美術館巡りが好き。

「2021年 『祟られ屋・黒染十字 京の都に天狗は踊る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

敷島シキの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×