後宮の検屍女官3 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.90
  • (26)
  • (55)
  • (34)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 488
感想 : 39
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041124918

作品紹介・あらすじ

後宮での火災は何者かの指示による放火だった? 疑惑の闇が深まる中、新たに帝の寵妃の乳母の変死体が見つかる。検屍の心得があるぐうたら女官・桃花と、美貌の腹黒宦官・延明がその死の真相に迫る――!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんだかんだで1作目からの続きなので、登場人物が追い切れない(中華系の名前が頭に残らない)です。

    今回も愛憎渦巻いての策略あり、権力、腐敗がすごいです。母娘関係についても思うところがあります。

    今回は桃花が忙しく検死に駆り出され物語も進んでいくので、あまりぐうたらな感じはしませんでした。

    そして、ラスト3行が衝撃過ぎて次作が気になります!

  • 後宮に仕える女官が実は検死の技術を持っていて、秘密裏に検死を行い、真相を暴いていくシリーズ。
    検死女官・桃花は、淡々飄々としているようで、実は懐が深く、そして優れた検死の技術と真実を見抜く眼で真相にたどり着く。
    桃花の才に気付き、彼女を使う宦官・延明は無実の罪によって宦官となり、それ故に冤罪を忌み嫌う。
    この二人のやり取り、関係性もおもしろく、次巻が待ち遠しいシリーズだ。
    特に3巻はすごいところで終わっていて、こう終わらせ方にしたからには、ちゃんと次を出す算段はついてるのですよね?このままいつまでも次が出ないとか、ほんとやめてくださいね、と言いたい…。最近そういう感じのYA多いから…

  • 最近やたらと「後宮」という言葉に反応してしまい似たような本を読んでしまう。

    後宮の検屍女官3。なかなか読み応えがありました。
    物語とはいえ、子供が酷い目にあっている描写は読んでいてつらい。
    最後はとてもいい感じで終わりかけていて、あれ?最終巻?と思わせられたのだが、最終ページの一文で一気に目が覚めた。また次も読まなきゃ。

  •  今回は虐待死や悲しい死の検屍が多くて(-"-;A ...アセアセ

     まぁシリーズのテーマ的にこういう事件もあるのはわかっているんですが、創作でも幼い子供が虐待されて殺されるのは嫌だな。

  • 少しずつ解決はしてきているが、新たな謎を呼び、大元は分からず、続きが気になるところ。

  • 過去の事件引きずってて、今回の事件も後々まで引きずるのかな?
    続きが気になる終わりかた。

  • 検屍女官の3作目。

    複雑すぎてついていけない。
    それに、検屍官の話だから仕方ないが、
    次々と人が死にすぎ。
    いかに疎まれたとはいえ、
    公主が行方不明の上殺されていたとは、
    後宮はこんなに物騒なものか。

    寵妃の乳母が墜落死体で見つかった。
    前作の火事の件も尾を引いているし、
    若い妃の解任もからんでいるのか。

    桃花の敬愛する検屍官だった祖父は、
    同じく検屍官の父に殺されたらしい。
    それゆえ桃花は何としてでも検屍官の妻となって、
    検屍を行いたいと望んでいた。
    その技を生かしたいと延明と分かり合え、
    良かった、良かったと安心して、
    最後のページのクリフハンガー、
    皇后と延明が投獄というところを見逃すところだった。

  • 止まっていた時間が動き出して良かった反面、更に悲劇が起こりそうでなんだか怖い。
    毎回弱い者が犠牲になるが、今回は特につらかった。

  • 『薬屋・・・』類似の中華後宮ファンタジー.ついに第3巻も読んでしまった.推理要素は本編の方が強い.既刊は本書までだが,ちょうど良いところで(つまり次が読みたくなるところで)終わっている.来月発判の第4巻を買わねばならない.

  • ようやく二人が少し歩み寄れたと思った矢先、ラストにとんでもない爆弾が。
    ああ、あの歩み寄りは、次回の桃花への発破だったかと愕然とした読了。

    閑話休題。

    前回から引き摺った金剛の件は、黒幕は未だ分からずも意外な結末に。
    一方で後宮ではまた謎の多い殺人が。
    今回は形は違えど親子の絆を考えさせられる事件が多かった。
    帰蝶公主の件は特に胸を締め付けられた。
    まだ八歳なる少女への加害者のえげつなさがもう吐き気を催すほど。
    直接的な犯人より、彼女をそこまで追い込んだ奴らが本当に……しんどい。

    今回も事件は表面的な解決をしつつも、裏では何かが進行中。
    序盤に出てきた人物が終盤の事件に関わってきて、最初の事件と繋がるのは、前回でも見た構成で「おお、ここでこう来るか!」と不謹慎ながら楽しくなってしまった。
    そう思った矢先に、冒頭で述べた爆弾である。
    裏で進行していた何かが、これまでのフラグをきっちり回収した模様。
    これは、今からハラハラしながら続きを待たねばならないという。
    桃花、寝ずにこの危機を脱出できるだろうか。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

福島県在住。「ようこそ仙界! 鳥界山白絵巻」で第13回角川ビーンズ小説大賞〈読者賞〉を受賞してデビュー。「後宮の検屍妃」で第6回角川文庫キャラクター小説大賞〈大賞〉〈読者賞〉をダブル受賞。

「2023年 『後宮の検屍女官5』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小野はるかの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×