あやかし和菓子処かのこ庵 マカロンと恋する白猫 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.96
  • (8)
  • (8)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 118
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041126479

作品紹介・あらすじ

かのこ庵に、少女の幽霊がやってきた。初恋の人にもらった最中アイスをもう一度食べてみたいという。何故か自分にだけ喧嘩腰な幽霊に戸惑いながら、かの子は朔の力を借りて試行錯誤するけれど――?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 喧嘩腰にやってきた子にも優しく対応、自分ができる最大限の努力をしてあげる優しい子
    恋にはうといけれど今後が楽しみ

  • 餡・ぼたもち・最中・甘酒・しのぶ饅頭・マカロンの6編

    最中としのぶ饅頭とマカロンの話がお気に入りです

    くろまるの話は悲しかったですね

    3人とも恋愛に不器用ですね
    その上かの子は鈍すぎる
    いつになったら気付くのでしょう

  • ちょっとー!
    朔と新に惚れられるなんて、どんだけ少女漫画なの⁉︎
    新さん、前巻では見事に悪役でしたが、今回ラストで好きになりました。
    ところどころ、実在のお店も出てきて、スマホで調べながら読んでました。
    最後のマカロン食べたくて、買いに行こうと思ってしまった。とりあえず、湯島のみつばちに小豆アイスを食べに行こう。

  • 宣戦布告に来た。
    望まれたものを提供するのは当たり前だが、相手を知るからこそ選べるものもあるだろうな。
    職人として日々和菓子と触れ合うからこそ、新たな発想が生まれるのだろうな。

  • かの子が色々な人?に出会い成長し、ほっこりなお菓子店。朔と親との関係にもニヤニヤ。続きが楽しみです。

  • かのこが、かのこ庵に行き着いた経緯が明らかになった。でも、かのこちゃん、朔にだまされていない?
    朔と新は、どんな関係になっていくのかな。そこに、和三郎はどうからむのだろう。この後、どんな和菓子が出てくるのかも含めて、楽しみ。

  • いやーん、かの子ちゃんったら、モテモテ♪
    でも、本人は何も気付いてないというw
    そりゃ、睨みたくもなるよねー。
    新さん、いい人なのにねぇ。彼にもぜひ幸せを。
    和三郎さんが素晴らしい人物なので、秩父に引っ越して退場してしまうのは寂しいなぁ。しばらく新さんと同居を続けてほしい。
    それにしても、人ならぬモノたちの、ヒトへの想いのなんて深いことだろう。
    ヒトも、そういうものばかりだったらいいのにね。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高橋由太:第8回「このミステリーがすごい!」で最終選考まで残った作品を加筆修正したデビュー作「オサキ江戸へ」が10万部を記録。以来、時代物を中心に執筆活動を行っている。亜沙美:講談社「ITAN」を中心に活躍するイラストレーター・漫画家。

「2015年 『雷獣びりびり ⑥ 大江戸あやかし犯科帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋由太の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×