異世界居酒屋「のぶ」 (15) (角川コミックス・エース)

  • KADOKAWA
4.06
  • (10)
  • (15)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 238
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041127131

作品紹介・あらすじ

ある日、居酒屋「のぶ」に一人の客が訪れる。その客は、しのぶ達とは別の道で異世界へとやってきた日本人で…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    ある日、居酒屋「のぶ」に一人の客が訪れる。その客は、しのぶ達とは別の道で異世界へとやってきた日本人で…!?

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 初めて大将としのぶさん以外の日本人が、この世界にいるのを知りました。醤油職人さんで、日本領には欠かせない調味料のひとつ。なんか、運命だなーって思ってしまいました。この世界でも醤油が広がって欲しいなぁ。
    アルベルトさんの落ち着きの無さは、世の中のお父さん予定の人が絶対にするだろうなってちょっとクスッと笑ってしまいました。あの夫婦の子どもは、この古都が故郷になり、周りの人を大切にされて育つんだろうなーと心が温かくなるエピソードだと思います!
    他にもいっぱい良いお話があるし、先が気になる!料理も美味しそうで、かなり飯テロされました(笑)

  • てっきり依田さんが常連サブキャラになるかと思ってたけど、意外とあっさりクリアしたなあ。
    でも醤油がらみでまたいつか来るのかな(でも遠いとあったからないかもなあ)

  • 十五巻まできましたが、大勢のキャラクターの人間模様が面白くて、飽きずに読めています。
    毎回読んだ後に、穏やかな気持ちになれる作品というのも貴重なものです。
    これからも続いてほしい作品です。

  • 与田さんの道とのぶの道は違う人が繋げてたって事だよね
    ということは今後他の日本人が出てきたりも…しないか
    こっちの家族と折り合いがついて良かった
    お幸せにー!

  • なるほど神隠しですか⁉️
    もう完全に世界感が定着したねぇ

  • ■書名

    書名:異世界居酒屋「のぶ」 (15)
    著者:蝉川 夏哉 (原著), ヴァージニア二等兵 (著), 転 (デザイン)

    ■感想

    日本人編(??)が、完結します。
    どんな展開になるのかな?と思ったけど、大きなトラブルなく綺麗に解決と
    いうのがこの漫画らしくて良かったです。

    地球と異世界をつなぐ道の理由や謎も少し解明されます。
    (まあ、結論としては「要するに明確には何も分からない」なのですけどね・・・)
    それはそれで、良いと思いますし、これからものぶが続けていける環境で
    あれば何でもOKです。

    後半は、ほのぼのしたエピソードが2つほど続きます。
    これで最終回と言われても、微妙に納得しそうな終わり方になってます。

    次からは、また新しいエピソードかな?
    「のぶ」が現れたことで古都がどんどん変化していく様が、上手に描かれており
    次の展開も楽しみです。

  • 流しそうめん

全8件中 1 - 8件を表示

ヴァージニア二等兵の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×