不遇の王子と聖獣の寵愛 (角川ルビー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.25
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 23
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041140567

作品紹介・あらすじ

第一王子でありながら家族からも冷遇にされてきたフィンリィにとって、心を許せるのはカイと名付けた白銀の獣だけであった。だがある時、聖獣が治める平和な土地を先祖が侵略し、力を奪い取ったことを知る。美丈夫へと姿を変えたカイこそ、かつて先祖に封印された聖獣であり、突出した陽の気を持つフィンリィは知らず封印を解いていたのだ。償いのためにも力を取り戻す手伝いをするフィンリィに対し、カイは「――離れたら、俺が生きていけない」とフィンリィを甘やかし…?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 初読み作家さん。
    溺愛ものでありながら、切ないお話でした。
    ユリウスがかわいかった…おなかなでなでしたい。

    でもこれ王国側の立場からみると、受が洗脳された話に見えなくも…ない。
    原因王国側なので同情の余地はないけど。


    #挿絵の人は嫌いじゃないのですが、口絵の受のサイズ感はどうも気持ち悪い…

  • ユリウスのツンデレが結構好き(*^^*)
    人間のフィンリィにきつく当たるのに、撫でられると途端にめろめろに甘えてくるなんてw

  • タイトルどおりのお話でした。過もなく不足もなく。不遇の王子と聖獣が「寵愛する」お話。貫井先生の作品としては、いまひとつ、、、何かが欠けていた?
    可哀想な受と全能の攻、いたってありがちな設定だけれども、そんな設定であっても貫井先生のお話は面白いと思うってがあったと思うんだけど。。。なんだろう〜・・・。

全4件中 1 - 4件を表示

貫井ひつじの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×