青春論 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
4.40
  • (7)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (130ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041143070

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 50年以上前の著者の持論が我々の心情に何の違和感もなく沁み入る。これはもはや今日の正論といってもいい。使われている言葉はシンプルで、表現は平易。所謂「正論」が孕みがちなデリカシーに欠ける説教臭さは皆無である。青春を清らかに論じながらも若者の未来を案じてくれる「大人」が存在した昭和の奇蹟に感嘆せずにはいられない。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1907~1966。評論家。太宰治の友人。主な著書に、『大和古寺風物誌』『愛の無情について』『青春論』など。

「2019年 『愛と苦悩の手紙 君を思い、思うことあり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

亀井勝一郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×