極楽に至る忌門 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.61
  • (5)
  • (15)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 276
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041143254

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最強の拝み屋・物部斉清ですら止められない仏、恐ろしすぎた!

  • 芦花公園の他作品と物部繋がり。物部で止められなかったとはどんな凄まじい怪異か、と恐ろし楽しみに読み進めてみると、なかなか終盤まで全貌がわからない。主となる不気味な話が3話、3話目の終盤で何となく話が見えてくる。見えて来たと思ったらかなりの胸糞因習村だったが、全てが見えた後にはやりきれないものと若干の切なさが残る。土着の神や祟りの成り立ちには説得力があり、物部の考え方には作者の思いが乗り移ってるような感じを持った。物部の存在感、キャラがとても良いな。サイドストーリー的でもあるけど、またこういうものが読みたい。

  • 頷き仏、泣き仏と物語の中人間達と同じようにメンタルがやられてきてどうなるのかと(津守さんが

  • 訳が分からず理不尽だったのが頷き仏、救いがなく悲痛でしんどかったのが泣き仏、怪異も人間も恐ろしかったのが笑い仏、後日談の外れ仏。

    因習村ホラーというのか、これぞジャパニーズホラーという雰囲気でよかった。
    田舎の村の閉塞感がよく描写されている。
    別作品に出ている物部斉清が登場する。笑い仏がこの話の「解答編」に当たり1番好きだった。
    カクヨムにスピンオフが掲載されていて、スピンオフまで含めて本編。津守日立は良い人だったんだよ。

  • 津守さん、物部さんと、拝み屋メンバーが登場して、とてもよかった。
    人の欲望が風習を作り、文化を作る。
    描写の迫力があって、とても面白かった。

  • 芦花公園の蛇口ニュースには心臓止まるかと思いましたよ

  • あまり救いのないサイコホラー
    作者さんの過去作品を読んでからの方がより楽しめるのかもしれない。
    カクヨムに後日談的作品を投稿されているが、それも救いがなくてテーマを一貫されていて好感が持てる

  • 芦花公園の作品で所々でキーとなる、最強の拝み屋物部斉清でも解決できなかった四国のある集落の話。
    大きく3つの話で、最後にプロローグでコレまた「ほねがらみ」の斉藤教授もでてきて、物語をしめくくる。
    芦花公園のファン心を、物語の恐ろしさとともに鷲掴みにする混作。

    一つ目の「頷き仏」はさわやかな話の始まりなのに、だんだんドロドロしたものに変わっていき、『え?そうだったの?』と戸惑い、二つ目の話にも救いがなくて、三つ目の話で斉清登場に希望が見えるけど、絶望に終わる、、、。そんな感じ。

    げに恐ろしきは人の業。
    芦花公園は本当にこの手の物語が最高にうまい。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。2020年、カクヨムにて発表した中編「ほねがらみ‐某所怪談レポートー」がTwitterで話題となり、書籍化決定。21年、同作を改題した『ほねがらみ』でデビュー。古今東西のホラー映画・ホラー小説を偏愛する。

「2023年 『聖者の落角』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芦花公園の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×