俳句とは何か (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041149072

作品紹介・あらすじ

俳句の特性を明快に示した画期的な俳句の本質論「挨拶と滑稽」や「写生について」「子規と虚子」など、著者の代表的な俳論と俳句随筆を収録。初心者・ベテランを問わず、実作者が知りたい本質を率直に語る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『山本健吉俳句読本』の第一巻として刊行された本を、再編集したものです。

    著者は、俳諧が連歌にその源流をもっているということに着目して、談笑の場における諧謔精神を受け継ぎながらも、それを芸術的に昇華したところに、俳諧の本質を見ようとしています。そのうえで、ディアローグにおいて成り立つ芸術として俳諧をとらえなおし、その本質を「挨拶」や「滑稽」ということばによっていい表わそうとしています。

    著者のこうした俳諧論は、桑原武夫の『第二芸術論』とひとまとめにされて、俳句に対する批判だと誤解されたことがあったと著者は回想していますが、他方で著者は「純粋俳句」ということばで、俳諧のあるべきすがたを積極的に語っています。俳句が連歌からの独立を果たすにあたって、表現上の独立性を獲得するために、「切れる」ことが重視されたと著者は論じています。そして、このような背景にもとづいて、切れ字の意義についての考察が展開されていきます。

    こうした立場から、著者は芭蕉の俳諧のもつ芸術的価値について検討をおこない、とりわけ蕪村との比較を通じて、連歌という源流につながりつつもそこから独立している俳諧独自の芸術的精神が芭蕉の句において十全に示されていると主張しています。

  • 山本健吉の洞察力と平易な言葉で書き綴るわかりやすさは、人をうならせる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1907年~1988年。明治40年、長崎県生まれ。
父は明治期の評論家・小説家である石橋忍月。折口信夫に師事し、民俗学の方法を学ぶ。昭和9年創刊の「俳句研究」編集長として中村草田男ら人間探求派を世に送り出す。昭和24年より評論家として、文芸評論のほか、俳句の評論や鑑賞を執筆。
昭和58年、文化勲章受章。昭和63年、5月7日没。

「2018年 『奥の細道 現代語訳・鑑賞(軽装版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本健吉の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×