在りし日の歌―中原中也詩集 (角川文庫―角川文庫クラシックス)

著者 :
制作 : 佐々木幹郎 
  • 角川書店
3.65
  • (19)
  • (16)
  • (43)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 207
感想 : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041171035

作品紹介・あらすじ

処女詩集『山羊の歌』刊行の2カ月前、長男文也が誕生。中原中也は詩作・翻訳に旺盛な活動を続ける。しかし、それは蝋燭の炎が燃え尽きる寸前の輝きに似ていた。彼の詩は、徐々にこの世では聞こえない音を浮かび上がらせるようになる。そして、文也の突然の死。不幸は宿命のように彼の上に舞い降りた…。本書には「亡き児文也の霊に捧ぐ」という言葉とともに、中原中也が最後に編集した詩集『在りし日の歌』全篇と、同時期の代表作を精選。詩人最晩年の活動のすべてを示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 中原中也の「湖上」が大好きで、収録されているこの本を買ってしまいました。

  • (月夜の晩に、拾ったボタンは 指先に沁み、心に沁みた。
     月夜の晩に、拾ったボタンは、どうしてそれが、捨てられようか?)

    古典文学はあんまり好きじゃありませんが、昔の詩とか短歌は好き。
    言葉遣いがクラシックで、重苦しくて、でもときどきはっとするほど軽やか。
    中原中也が見た世界は、私にはもう見られないし感じられない。

    詩の中から垣間見られる今はもう見れない時代の世界や感性にどきどきします。


    好きな詩は

    ・秋の日
    ・湖上
    ・蜻蛉に奇す
    ・北の海
    ・月夜の浜辺
    ・言葉なき歌
    ・少女と雨

    引用は月夜の浜辺から。

  • この詩集、有名な「月夜の浜辺」が読みたくて、買いました。
    「月夜の晩に、ボタンが一つ 波打際に、落ちていた」
    あらためてぱらぱらめくると、他にも知っているフレーズがいくつも目に入ります。一日一度ページを開いて目に入ったところを読む、週末にぱらぱらめくって自分の気持ちに合う詩を探す、のような読み方がおすすめですね。

    他にも気になったフレーズはこちら http://d.hatena.ne.jp/ha3kaijohon/20120328/1332913950

  • 「まことに人生、一瞬の夢、ゴム風船の、美しさかな。」

  • 中原中也の詩集。
    以前読んだ「孤島パズル」に出てきた中也の詩がとても印象的だったので。
    「湖上」もそうだけど、月が出てくる詩が好きだなぁ。「月夜の浜辺」とか。
    あと「北の海」も好きです。教科書に載ってたのかな、見たことがある。
    何を表現してるのかよくわからないものもあったけど、その中に不思議とストンと落ちてきて心に残るフレーズがたくさんありました。

  • 中原中也『中原中也詩集』(角川文庫)(2010:黒木章先生推薦)

  • 中也の詩集は他に持っていたけれど、真っ白な装丁に惹かれてジャケ買い。
    文字の間隔や見開いたときの余白が多くて読みやすい。

  • 中也がだいすき。

    静かでひんやり冷たいけれど
    けれどどこかしっとりとしている「冬の夜」がだいすき。

  • 眠れなくなったので何となくやや自虐的なチョイスをしてみた。
    やっぱり「北の海」が好き。

    人魚じゃない波がいそうな灰色の海が見たい今日この頃w
    (10.09.14)

  • どことない切なさと悲しさにあふれている詩集

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

明治40年(1907年)山口県生まれ。東京外国語学校専修科仏語部修了。30歳で亡くなるまでに350篇以上の詩を残し、ランボオなどの翻訳も手がけた。代表作に『山羊の歌』、『在りし日の歌』など。

「2022年 『詩集『山羊の歌』より』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中原中也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
三島由紀夫
梶井基次郎
フランツ・カフカ
谷崎潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×