立原道造詩集 (角川文庫 緑 172-1)

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041172018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 25歳で夭折した詩人の代表作を納めた文庫本。まるでドイツ浪漫派詩人の翻訳詩を読むようで、自然に対する感受性は鋭くも美しい。フランスのサンボリズムの影響も感じられる。その中に日本独自、日本語独自の表現を探しつつ読むといっそう面白い。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

詩:詩人。1914年、東京日本橋生まれ。東大建築科卒。「四季」同人。堀辰雄やリルケに傾倒。ソネット形式の中に優美繊細な音楽的響きのみなぎる詩を作った。詩集「萱草(わすれぐさ)に寄す」「暁と夕の詩」等。

「2013年 『混声合唱組曲 うたふやうにゆつくりと……』 で使われていた紹介文から引用しています。」

立原道造詩集 (角川文庫 緑 172-1)のその他の作品

立原道造の作品

立原道造詩集 (角川文庫 緑 172-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする