東京BABYLON [愛蔵版] (1) (CLAMP CLASSIC COLLECTION)

著者 :
  • 角川書店
4.31
  • (19)
  • (9)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 121
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041200414

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初期のCLAMPの中で……というか、CLAMPの全作品のなかでも、1番好きです。
    これがあったから、もしかしたら今もCLAMPを読み続けているのかもしれない。

    今読んでもグッとくる。
    特に、北斗ちゃんの未来を知っている今は、よけいにそう感じるのかも。
    ものすごい、バランサーとして、このキャラクターが生きているなぁと。

    CLAMPのドライな部分とウェットな部分が、絶妙にでている作品だと思います。
    昴と星史郎の決着は、いつかどこかで見たいです。
    でも、あれで完結というのも、それはそれで潔いのかなぁ。

  • おじいちゃんのバナナの話。

  • 「 桜の下には死体が埋まっているんですよ」

    陰陽師、双生児、前世、五芒星、グラサン、トレンチコート...これでもかと言うほどの厨2病ワードの羅列ににぞわぞわくる。しかし泣く。わたしの体の中には、もう対CLAMPの抗体が出来ているのだ。X読んでさらに泣く。

  • まだ読めてない

  • 星史郎さんまじ…。CLAMP先生安定のほもー感と桜。

  • 最近の作品からみると、だいぶイメージが

    でも現実的すぎて不気味なのはいいなあ

  • CLAMPの陰陽師モノオサレ漫画。ガチホモ路線貫いてくれれば満足だったがそれはそれで仕方ない!!!!中二病くすぐられまくるお

  • 愛蔵版です。
    80-90年代の雰囲気ですがストーリィや扱う内容を見れば古臭い感じは無く、今にも通じる問題提起や皮肉にグイグイ引き込まれます

  • 東京BABYLONは愛蔵版じゃないほうで小学生の時に読んだんだけど、スカイツリーが建って、ふとこれの東京タワーの話しを思い出したからもう一度読みたい!って思って丸善へ。
    昔読んだ文庫本サイズくらいの小さな本じゃなくて、愛蔵版が出てて驚いてそっちを買いました。
    わたしが覚えていたのは「VOL.1 BABEL」の話。
    やっぱ今読んでもおもしろいなあ。

  • レイアース→X→聖伝ときて、探偵団やカードキャプター、その他もろもろ何となく読んでたのに、このタイトルは完全未読だった、なぜか。
    初期CLAMPの救われない感が漂ってて好き(のほほんムードで始まるんですが、X読者には先が見えちゃうもんな)。
    暗い部分はXとかにつながる系譜。でも北斗ちゃんは明らかにさくらとかに連なる系譜で、このバランスが癖になるんですなあ。ほんとに職人集団だよね、この方たちは。

全15件中 1 - 10件を表示

東京BABYLON [愛蔵版] (1) (CLAMP CLASSIC COLLECTION)のその他の作品

CLAMPの作品

ツイートする