BLOOD‐C 十六夜鬼譚 (1) (角川コミックス・エース 355-1)

制作 : プロダクションI.G  CLAMP 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年12月19日発売)
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041200483

BLOOD‐C 十六夜鬼譚 (1) (角川コミックス・エース 355-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何故か舞台は第2次大戦後、物語は日本で起きる怪奇現象をGHQの軍人が調べる所から始まる。そこに縁きり屋を名乗る男が現れて、共に怪奇事件を調べることになるが・・・。
    と、小夜はいつ出てくるの~と思いきや、ラストの方でやっと出てきました。
    普通、え~!?という感じなんだけど、GHQと縁きり屋のキャラと、その組み合わせが妙に面白くて<(; ^ ー^)。
    次巻が楽しみ~o(*^▽^*)o。

  • C本編よりもこっちのほうが好きだな・・・

全2件中 1 - 2件を表示

ハヅキ・リョウの作品

BLOOD‐C 十六夜鬼譚 (1) (角川コミックス・エース 355-1)はこんなマンガです

ツイートする