機動戦士ガンダムさん やっつめの巻 (角川コミックス・エース 40-32)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.67
  • (5)
  • (12)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 153
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041200667

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ネタバレ ガルマ&シャアお笑いコンピの終幕には驚いた。セイラさん無双(夢想?)も見れる本巻だが、やはり、ガンダム創世だろうか…。板野→イデオン→アディゴは割によく知られているが、他にも、ミサイル一斉発射やギル・バウのハーケンアタックなんかはそうじゃないのかな。ただ、それにも増して、エルメスのビット、WBのビデオに撮られたフラミンゴがそうだったとは……。

  • お笑い一直線も正史にいれてきたか~(笑)その力技に、乾杯。

    そして、イデオンのあれをした人と、マクロスの人が一緒だったというのを、今初めて知りました。スゴい勉強になるよ、この本。
    役には立たないかもしれないけど。

    まぁ、いつかガンダムでプロジェクトXが作られるのなら、こんな話になるのかも。

  • ツレの蔵書。
    長さが倍になったら重さはうんぬん、の辺りは「そういえばそうだよなあ…」と考え込んでしまった。

  • 相変わらず、面白い。

    それにしても、角川書店の井上社長が登場するとは・・・!

    ノンフィクションのような形態がとてもよい。

  • アッガイたんが出てこないよ!(つ∀`)

  • やっぱりガンダム創世が面白い。

  • あのコンビが、ああいう形で終わって軍に戻っていくとは…。あれじゃあ、(逆恨みだけど)恨まれてもしょうがないですね。

  •  気がつけばこの本も8冊目。序盤に好きだった「隊長のザクさん」が終わってしまった時に読むのをやめるつもりが、「ガンダム創世」が面白くてそのまま読み続けている。
     「ガンダム創世」の話は、当時のエピソードで有名な話を上手く拾いつつ誇張やフィクションも織り交ぜて面白く作ってあってよいなあ。

  • ガンダム創世おもしろいなぁ。かなり誇張されてるけど、だいたい合ってるつーか、通説や当時の記録を概ね拾ってて、トミノさんのキャラが立ってて、上手いわぁ。

全9件中 1 - 9件を表示

機動戦士ガンダムさん やっつめの巻 (角川コミックス・エース 40-32)のその他の作品

大和田秀樹の作品

ツイートする