低俗霊MONOPHOBIA (6) (角川コミックス・エース 273-6)

著者 : 刻夜セイゴ
制作 : 奥瀬 サキ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年2月3日発売)
3.54
  • (3)
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :79
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784041201381

低俗霊MONOPHOBIA (6) (角川コミックス・エース 273-6)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょこちょこ前作のキャラが出てくるのは懐かしくて良かった。
    入冬の謎が書かれない感じなのが残念である。

  • 2015年6月23日

    装幀・デザイン/LIGHTNING

  • 絵も綺麗だし、主人公は男女の双子なのだけど、母の胎内で男児が亡くなり女児の中で2人で生きてると言う設定。サブに出てくる男の子も、なんだかわかんないけど騒動に引きずり込まれちゃうという・・・キャラはすごくいいんだけど・・・。これはあくまでも私の感想なんだけど、話が印象に残らないんだな~。なんでだろう?わかりません。

  • 嫉妬、後悔、怨念、情欲…現代人の業から生まれた『低俗霊』と向き合う、2人で1人の少女の物語、完結。

    おや、終わっちゃったのか。何か重大な設定が明らかになるわけでもなく、壮大な戦いの果てにハッピーエンドでもなく、なんというかいろいろ不完全燃焼なんだろそうなんだろ。女の子は可愛いし無駄にサービス多いし低俗霊シリーズ独特の雰囲気が気になって読んできたけど、結局面白かったのかどうかよくわからんってのが正直な感想。まぁでもきっとまた続編出たらとりあえず読むのだとは思う。

  • なんで終わってしまったんだ!
    普通にこれ面白かったぞ。。。
    ホラー漫画終盤によくあるエロシーン全開って感じだったなぁ。。
    続編出てください!

  • 最終巻。

    シリーズでずっと買ってるけど、これは奥瀬作品にしては「音」が大きかったかな、て感じ。
    もっと静かで、白い世界でも良かった気がする。

    低俗霊としてはMONOよりDAY派だけど、これはこれで良かったかな。


    しかし、裏表紙側の帯の文句は、もう少しどうにかならんかったのか。

全6件中 1 - 6件を表示

低俗霊MONOPHOBIA (6) (角川コミックス・エース 273-6)のその他の作品

刻夜セイゴの作品

低俗霊MONOPHOBIA (6) (角川コミックス・エース 273-6)はこんなマンガです

ツイートする