そらのおとしもの (14) (カドカワコミックスAエース)

  • 249人登録
  • 3.91評価
    • (10)
    • (23)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 水無月すう
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041201633

そらのおとしもの (14) (カドカワコミックスAエース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メランの圧倒的な力を前に、智樹たちは絶体絶命のピンチに陥りますが、ダイダロスが第一世代のエンジェロイドたちにひそかに搭載していた自己進化プログラム「パンドラ」が起動し、メランを討ち破ります。

    ところがそこにカオスが登場し、メランたちの核をみずからのうちに取り込むことで、暴走を始めてしまいます。ふたたびピンチに陥ったイカロスたちですが、なぜかカオスは戦いの場から逃げ出していくことになります。

    カオスが再登場したかと思いきや、ふたたび智樹たちのもとから去っていく展開は、やや意外でした。しだいに彼女のことが気がかりになってきて、最後はどういう形で決着を見ることになるのか、楽しみなような、不安なような気持ちです。

  • 今回はシリアス多めで大満足です。
    あとカオスに萌える!

  • わーい黒いの出てきたわーいw

  • 衝撃的な最後から完結へ。最後はカオスが‥
    ちょっと好き行動が甘いかなー
    とりあえずいつものエロバカは楽しいね。

  •  カオスとのイチャラブ回がいつになったら見られるのか、それが問題だ。
     戦闘に関してはインフレが見えるものの、インフレの最先端を突っ走っているのはカオスなので、カオスさえハーレムに加わればすべて解決する。
     あー、カオスを抱っこして頭を撫でまわしてやりたい。

  • ver.2!デレアルファー!
    そんなことはどうでもよくて異物が素晴しかった

  • やべーって思ったらスゲーってなったと思ったら終わった……ってなって。ニンフのあれはなんだったんですかね。カオスの最後はちょっと切ないですねぇ。カオスにも幸せになってもらいたいものです。
    ところでアニメ3期って話題になりましたっけ。どうでしたか。記憶に…。

全7件中 1 - 7件を表示

そらのおとしもの (14) (カドカワコミックスAエース)のその他の作品

水無月すうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

そらのおとしもの (14) (カドカワコミックスAエース)を本棚に登録しているひと

ツイートする