機動戦士ガンダムUC テスタメント (カドカワコミックスAエース)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.53
  • (2)
  • (6)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041202111

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これはもう珍品の類。原作名シーンを忠実に再現描写した上でMSを変な擬人(神)化、宇宙世紀をサブタイトルそのままに神話体系化するという荒業。言ってる意味がさっぱりわかんないと思いますが、読めば理解できます。
    ユニコーン派生作品なのに帯タタキのMS60機種登場とかどうなってんの?とか思ってましたが、そういうことか。そこはあまり期待してはいけない。

    しかしこれは読み手を選ぶ作品だなあ…ワタシは買って損したとは思わないけど、面白いとも思わなかった(`・ω・´)

  • MSメインでストーリーが無く、別に買わなくてもいいかなーって思う漫画でした。 ただ、内容的に多く売れるとは思えないし、初版のみで廃刊になるんじゃないかな。 ガンダム漫画コレクションするなら早めの購入お奨め。

  • 開発史を中心にしつつも、第一人者の近藤和久とは真逆のアプローチでえらいポエジー。現実、神話化しつつあるガンダム物のひとつの極北では。

  • 著者が被災者であることをあとがきにて知る。
    随分と大変な想いをされたようだ。

    それにしても、ストーリー性をもった、
    MSを主人公に見立てた物語とは斬新だった。

    MSの系譜をひも解いてゆけば、
    おのずと宇宙世紀を振り返ることになる。

    それはそれで面白かった。

  •  MSの独白でMSを紹介するというちょっと変わったコンセプトの漫画。一種のMS開発史のようになっているが厳密なものではない。「シャアを成すもの」はシャアの搭乗した期待を遡る形でまとめられており、デルタプラスやドライセンなどは同系列MSの進化・発展という視点でまとめられている。独特のクセのある雰囲気なので、万人受けするとは言いがたいがなかなか面白い試みだと思う。

全5件中 1 - 5件を表示

機動戦士ガンダムUC テスタメント (カドカワコミックスAエース)のその他の作品

虎哉孝征の作品

ツイートする