氷菓 (3) オリジナルアニメBD付き限定版 (カドカワコミックス・エース)

制作 : 米澤 穂信 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.00
  • (10)
  • (12)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 181
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041202739

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 付属BDは至宝

  • なぜか買ってしまった限定版。
    そういやBDのほうは見てないや。。

  • 11.5話は配信で視聴済み。また後で綺麗な画質で見よう。
    漫画家さんの絵もだいぶこなれてきたのか、うまくなってきているように感じる。
    内容は「氷菓(結末)」「正体見たり」「愚者のエンドロール(導入部)」。アニメだと「正体見たり」の前に「大罪を犯す」が入ってたけど、後ろに回すのかな?

    改めて読んで、『氷菓』(小説の方)のできがすごく良かったんだな、と納得。アニメ化するかなり前に読んでいたので、ほとんど忘れた状態でアニメを見、そしてああこんな話だったと納得し、今回改めてやっぱりこの作品はすごい、と思った。小説も読み返そうかな。
    これから『愚者のエンドロール』!これもまた、良い作品ですよう。

    できればアニメになってない『二人の距離の概算』、漫画でも読めると嬉しいな。

  • 2013/01/16
    【好き】「歴史ある古典部の真実」「正体見たり」「試写会に行こう!①」の3話収録。 文集「氷菓」とえる伯父の謎とカンヤ祭由来の解決編、みんなで夏休み温泉合宿で親睦を深め、愚者のエンドロールの始まりまで。 いよいよ入須先輩の登場だ!ワクワク。  付属BDは、アニメ11.5話。 アニメの作法に則り肌色多めの水着回(笑) 時系列は、愚者のエンドロールとクドリャフカの順番の間。 入須先輩にやられて凹んだホータローが立ち直るエピソード。 特典は、舞台となったプールのロケハン映像とオーディオコメンタリー。

  • BD目当てで購入。
    BDの内容は、7月7日に古典部Ustで先行配信されたもの。
    キャッキャウフフの水着回です。
    短い話ではありましたが、謎解きも折り込みつつ、クドリャフカ事件後のホータロー君の様子(ちょっとふてくされ気味?)が描かれていて、なかなかよかったと思います。

    コミックの方は初見ですが、絵柄もアニメに似せてあって、1つのエピソードにページ数をかけて丁寧に描かれていると思いました。
    収録されているのは、氷菓事件の謎解きから入須先輩に試写会に誘われるところまで。
    クドリャフカのラストまで入っていれば、コミックス→BDと繋がってよかったかなと思いますが、それは贅沢というものかもしれません。

  • 水着が出てくるBD

全7件中 1 - 7件を表示

タスクオーナの作品

氷菓 (3) オリジナルアニメBD付き限定版 (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする