朱黒の仁 1 (単行本コミックス)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.23
  • (16)
  • (16)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 164
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041202760

作品紹介・あらすじ

戦国時代最強の武将、真田幸村。豊臣方で武士としての行き方を貫く幸村と息子大助。徳川方で真田の名を遺そうとする兄信之。それぞれの生き様を『天地明察』の著者・槇えびしが描く、ファン待望の角川初コミックス!

真田一族の生き様を描いた未完の名作が「コミック怪」で連載再開!2012年春号には完全書き下ろし‐四ノ巻‐が掲載されています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 天地明察をコミカライズした槇えびしさんの作品。
    2014/2/24 第1巻読了。面白かった!そしてこの人の絵、好きです。負け戦なのは分かっているし、あとがきにも「真田幸村の死に様を描く」って書いてあったので、読んでいても切ないばかりだけど。全3巻の予定でまだ第1巻。2年に1冊くらいのペースでしか出なさそうなので、続きが待ち遠しい。。。
    2014/07/08 第2巻読了。
    2016/1/13 第3巻読了。『天地明察』に続いてこちらも完結。掲載誌の休刊などで結末まで読めるのか心配でしたが、大河ドラマ真田丸が始まったこのタイミングで完結。うれしい。真田の生き様に泣きました。そしてこの方はほんとに絵がうまい…!

  • これは良かった。槙えびしさんの絵だからと思って買ったけど、真田幸村はじめ戦国の世を生きた武士の、戦いがいかに彼らの人生、心の糧になっていたかというのが切なくて、それでいて面白い。
    幸村の息子の真っ直ぐさもいいし、ところどころに出てくるちょっとお茶目な場面も楽しい。
    一番面白いのは、豊臣方の滅びるべくして滅びたその経緯が幸村の目(若しくはその倅)を通して読めることかも。
    まだ1巻。
    3巻完結の予定だそうですが、続きが楽しみです。

  • 槇さんの絵が好き、しかも真田のお話ということで購入。

    予想以上に面白かったです。
    とにかく幸村がかっこいいです。
    絵が綺麗なのはもちろん、お話も変に間延びなどしておらず、テンポ良いです。次巻も楽しみです。

    しかし、この値段でこの薄さ、出版業界も厳しいんだろうなぁ・・・

  • 真田熱いな。今まで、大助がここまでフューチャーされた作品は読んだことなかったので、父としての幸村がよく見えて面白い。

  • 表紙が気になり手に取ったら、知っている作家さん・・・しかも内容が真田幸村。悩んだけど買って良かった!細かい史実はわからないけど、登場人物が魅力的(この方は原作付じゃない方が良い気がする・・・)だし続きが気になりますwそしてカラーがメッチャ好みでしたww

  • 天地明察の槇えびしさんの漫画。
    「待て、十二分に引きつけるのだ」→(ニヤ…)のあたりが格好良かった…!
    BASARAとか無双とか日本史の勉強やってないので全く流れ知らないんですが、作者の言う真田の死に様に期待。

  • 作家さんと、好きな武将のお話みたいだったんで、思わずジャケ買いした1冊。

    いやぁ、アタリでしたわ。
    なんと言っても幸村が格好良すぎ!

    早く続きが読みたい!!
    けど、掲載誌は隔月で、その隔月誌の隔号掲載らしいから、次の巻はいつになることやら…。

  • 『天地明察』のコミカライズ版で著者を知った後、本屋で見かけて購入。えびしさん×真田幸村。ひたすらカッコイイ。引き込まれる。

  • 大坂の陣にて死に花を咲かせる真田幸村の話。いやそこは信繁だろうと思ったけどまぁ幸村でもいいのかな。
    あぁやばい。これはヤバい。すでにもう傑作だ。素晴らしい。
    珠玉の名作だってよ。
    真田の死に様見せてもらいましょうか。

  • 『天地明察』のコミカライズも楽しんでおりますが、こちらは個人の新刊。
    歴史物流行と言われる昨今。自分も興味はある方ですが、昔齧ったのは新撰組辺りだったので、それ以外は教科書程度の知識。人気者らしい真田幸村という人もそこまで自分の中で「こんな人」という像はできていません。だからこそ読みたくなったのもあり。
    関ヶ原で徳川方に残った兄と、豊臣側となった弟が、その後それぞれ違う道で真田の名を残そうとした話。

    歴史物は最終的には死が見えているものが多いので、ある程度覚悟はしていたんですが、これはもう「死に様を描く」話らしく…初っ端からラストを考えちゃってどうにも泣きたくなる。まだまだ序盤で、まきえびさんのちょこちょこっとしたユーモラスな表現とかが可愛らしくて笑えたりするけれど、楽しければ楽しいほど、かっこよければかっこいいほど苦しくなる。

    予定では全3巻だそうです。そのくらいのボリュームなら耐えられるかな…。続刊がとっても楽しみだけど、死にモノは精神的にダメージを受けるので毎度ジレンマ…。でもそのジレンマに呻きながらもやっぱり続きが楽しみです…うぬぬ。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家、イラストレーター。装画に『さよ 十二歳の刺客』、『星の旅人』、漫画に『天地明察』、『朱黒の仁』、『魔女をまもる。』他作品多数。

「2019年 『万人の父になる 佐竹音次郎物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

槇えびしの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×