宇宙戦艦ヤマト2199 (1) (カドカワコミックス・エース)

制作 : 西崎 義展 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年7月7日発売)
3.85
  • (6)
  • (18)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 144人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041203361

宇宙戦艦ヤマト2199 (1) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっと前からリメイクされている「宇宙戦艦ヤマト」の、コミカライズ版。
    世代的にはちょっと上なのですが、不思議と昔から好きでした、ヤマト。

    中高生のころにレンタルして幾度となく見ていたなぁ、、と。
    何気にコバルト版のノベライズは全巻持っていたりします。

    で、2199とのことでリメイクされているヤマトもCATVで見ていたりしますが、
    このコミカライズも丁寧に描かれていると思います、、相互補完的な感じで。

    女性キャラが妙に増えていたり、波動エンジンの開発期間が現実的であったり、
    森さんの設定が若干?変わっていそうな点も、アニメより深堀りされてるのかな。

    第1巻となる本巻は、冥王星会戦からヤマトの旅立ちまで。
    2013年4月からテレビでも放映が始まるとのことで、楽しみです。

  • 2012年刊行。映画でイベント上映され、またDVDやブルーレイで販売あるいはレンタルされている宇宙戦艦ヤマト2199のコミカライズ版。冥王星会戦からヤマト地球発進までを描く。森雪の子供たちに語りかけるシーン、ヤマト発進の電力供給に関する改変、藪と徳川の会話の挿入など、温かい目線や共生という観点からの改変がなされている。このような著者の温かい性格がうまく作品に反映され、またファーストの名台詞やキャラ立てがところどころ挿入されていい感じ。最後までコミカライズとして併走していただきたいと思わせる一書。

  • 送電システムがまず泣かせるしそこに「直流」というド直球な説得力がヤマト感。とにかく発進しないと先に進まない連載上、冥王星会戦が艦の重み、迫力よりペース優先になった感じはする。

  • 大好きすぎてしぬ
    ついに抜錨ヤマトー!までの巻
    バカメ、だー

  • コミカライズってアニメに比べて一段下がる感じが多いけど、キャラクターもメカもきっちりそっくりに描けてて、アニメと同じテンションで読めるのはすごいと思った。

  • アニメ版2199に準拠しつつ、キャラクターの心情を丁寧に描写していて好感。良いコミカライズ。

  • 読み応えがあります。
    2199は映画もすべて見ていますが、
    キャラクターの表情、描写、セリフ。
    私は映画よりこちらの方が好きかも・・
    TV版はコミックに近い感じでやってもらいたい。
    と思うぐらいです。

  • アニメ本編と違って、手書きっぽさ・(ちょびっと)エロかわってのが、なんかいい。

  • 見事なリニューアル。
    細かな現代要素に感心させられる。
    別に松本御大の画じゃなくても良いんだな。

全9件中 1 - 9件を表示

宇宙戦艦ヤマト2199 (1) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

むらかわみちおの作品

宇宙戦艦ヤマト2199 (1) (カドカワコミックス・エース)に関連する談話室の質問

宇宙戦艦ヤマト2199 (1) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする