聖伝 ‐RG VEDA‐ [愛蔵版] (5) (CLAMP CLASSIC COLLECTION)

著者 : CLAMP
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年11月5日発売)
4.00
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 36人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041204351

聖伝 ‐RG VEDA‐ [愛蔵版] (5) (CLAMP CLASSIC COLLECTION)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 改めて読むと、意外に短い!
    最終巻突っ走りすぎでは……。もっと引き伸ばしてもよかったのに勿体ない。
    ちょっとみんなあっさり死にすぎだよ!やっぱり!

    そして、中学のときと同じく孔雀が好きだったー。もっと彼のエピソードも引き伸ばせたのになぁ……。

  • 「聖伝」終了。
    そして、「CLASSIC COLLECTION」としても完結。

    「聖伝」ではじまって、「聖伝」で終わりですね。

    今回、初めて気づいたのは、孔雀の過去がバックにながれていたことですね。てっきり、阿修羅の過去とばかり思っていた。まぁ、実は後半のこのあたりは、以前読んだときは、けっこう飛ばし読みだったかも。
    これがしっかりと読めていなかったので、孔雀が阿修羅にいろんなことを賭けていたことを読み切れていなくて、最後まで、孔雀が謎のキャラでした。ただの不思議な人だと思っていた。

    オチとしては、「レイアース」の第1部のラストと同じような展開でした。
    まあ、あっちは、第2部に続くということで、

    「こんなのって こんなのってないよー!!」
    という、主人公の絶叫で終わるという衝撃的な最後*1でしたが、こっちは、それはよりは、ハッピーエンドっぽい感じに終わっています。
    いや、本当にハッピーエンドかどうかは、微妙なんですけどね。
    多分、以前読んだときは、わたしが、

    「こんなのって!!」

    と思った気がします。
    そして、昔は、帝釈天、実はいい人だったみたいな、悪なんてやっていることのみかた次第の相対的なものだみたいな結末だと思っていました。

    思っていたのですが、今回読んでみて、あれですね……。
    実は、でも、もう1回ひっくり返して、自分の欲望や約束にだけこだわっていたら、今まで自分が拠り所にしていた世界を壊してしまうよという話だったのかもと思ったりしました。
    帝釈天もそうなのですが、夜叉も実は、阿修羅を選んだことで一族を滅ぼしてしまった。

    それを、心の強さとみるか、自分勝手さとみるか、欲望に流されているとみるか、それは、それぞれの取り方次第です。
    多分、年代によっても変わってくるのかも。

  • この頃の作品の画はすっごく綺麗。
    学生の頃にハマった作品。
    大人買いで再読したら、読んだ感想が結構変わった。

  • みんな死んじゃったけどハピエン。

全4件中 1 - 4件を表示

聖伝 ‐RG VEDA‐ [愛蔵版] (5) (CLAMP CLASSIC COLLECTION)のその他の作品

CLAMPの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

聖伝 ‐RG VEDA‐ [愛蔵版] (5) (CLAMP CLASSIC COLLECTION)はこんなマンガです

ツイートする