機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのメモリーより― (2) (カドカワコミックス・エース)

制作 : 矢立 肇  富野 由悠季 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.24
  • (17)
  • (14)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 138
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784041205297

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ことぶきつかささんの描くカイさん
    渋くてかっこいいわー

    ファーストガンダムが見返したくなる作品

    ホワイトベースの美男子ジョブ・ジョンさんが擦れて性格悪そうな顔になってしまったのが残念

  • アムロが出てくるぐらいからのZからZZまでの補完エピソードが多数
    初代・Z・ZZ、逆襲とみてる人は必観です

  • カイシデンの主に一年戦争時の回想録

    ガンダム関連漫画で一番オススメ(≧ω≦)b

  • カイの思い出、当時の真実、現在…様々な思惑を折り込み、一年戦争展が始まる。

  • “軟弱モノッ!!!”と呼ばれた男はもういない。

  • 頭つかった〜。

    でもアニメの設定に忠実で、なによりカイさんがカイさんらしくて、これぞカイさんだよ!!って感じで、とてもよいものでした。

    戦争や世代についていろいろ思うところもあり、収穫がたくさんあった。

  • ジ・オリジンよりこっちが好き。
    ファーストガンダムのセリフや設定を『完璧に』踏まえたサイドストーリー。逆にジ・オリジンは安彦先生が気に入っている箇所だけファーストを踏襲していると言える。だから、ファーストとはストーリー違う部分があり、受け入れ難いと感じる箇所がある。また、新たな矛盾も生まれている。

  • ORIGIN外伝に繋げた「Memory:25 セイラの微笑」が特に素晴らしい。連載時鳥肌立ったし。このセイラさんの作画、安彦氏の方に寄せてる?
    ディジェのツインアイソケットと併せて、ことぶきカイシリーズベストエピソードですね。
    一段落ついてあとがきで何やら「旅に出る」とおっしゃっていますが、早いとこ戻っていただきたいですなー。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ことぶきつかさ
1970年、東京都出身の漫画家、アニメ・コンピュータゲームのキャラクターデザイナー、同人作家。もともとの名義は「寿司」。主なキャラクターデザイン作品に、アニメ「セイバーマリオネットJ」「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」「劇場版シティハンター」等。

ことぶきつかさの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×