純情ロマンチカ 第16巻 (あすかコミックスCL-DX)

著者 : 中村春菊
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年12月28日発売)
3.81
  • (29)
  • (57)
  • (52)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :625
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041205488

純情ロマンチカ 第16巻 (あすかコミックスCL-DX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美咲と出会ってからのウサギさんの表情とか、気持ちとか一喜一憂したりするのとかって
    きっと今までないものだから、そういう意味でも
    手離せない、離したくないんだろうなあとか
    いろいろ考えちゃって愛情すら持ててくるwww

  • 相変わらず面白く、ついに出てきた漫画家さん♪

  • 毎回書いてる気がしますが、美咲くんがちょっと素直になってきたね!エゴイストも可愛かった。

  • エゴが(*´д`*)野分好きな俺得www\(^o^)/野分が好きすぎてヒロさんがちょっと本音言ってくれてマジ嬉しす(。pωq。)野分良かったなぁ。°(°´Д`°)°。わたし伊集院先生好きなんでもっと出てくれないかな…(^q^)

  • 今までウサギさんの嫉妬や束縛が重~って思って読んでたんだけど、なんだかかわいそうになってきた巻ww  
    そして『溢れる乙女ゴコロ』と『理解できてしまう仕事をする男の事情』の間で揺れるヒロさん、いいよね。

  • DVD付き欲しかったなぁ…とっても手が出せなかったです。伊集院先生と宇佐美さんの対談、会食会!やはり一騒動ありました(笑)美咲がモテモテなのはやっぱり根がピュアなんだろうなぁだから誘蛾灯の様に悪い虫がよく来るのですね(笑)エゴイスト組は津守先生がちょいちょい邪魔に入るけど、スパイスでしかない(笑)何時も以上にあまあまでニヤニヤしちゃいました☆

  • 今年の正月だっけ?買ったの。
    やっと読んだ。

  • ついに宇佐見と伊集院が丸川書店で対決…ではなく対談をすることに。嫌な予感がして美咲は早々にバイトを終え帰宅しようとしたけれど…?

  • 作品自体はすごく好きだが、いい加減美咲の態度にイライラ。

  • 胸キュン★★★☆☆   ストーリー★★☆☆☆
    エロ  ★★★☆☆     絵  ★★★☆☆
    もうねー、マンネリなんだよねー。ウサギ×美咲のやりとりとか、不安になって「好きって言って」とかさー。美咲もいつまでも慣れないしさー。初々しいけど、正直いつまでやってんだよ。ってなるー。
    エゴイストはまぁ、この二人がどうっていうより社会人同士の恋愛のエピソード話。みたいな感じなので別にそういうのはなく、そうだよね。すれ違うよね。みたいな視点で見れるんだけどねー。ま、ヒロさんの考え方とかかわいいところが好きだからってのはあるけど。しかしウサ×美咲はもうあまりに同じことの繰り返しでそんならもう終わっていいんじゃないかと。どうなったらハッピーエンドなんだかさっぱりわからん。

全21件中 1 - 10件を表示

中村春菊の作品

純情ロマンチカ 第16巻 (あすかコミックスCL-DX)に関連する談話室の質問

純情ロマンチカ 第16巻 (あすかコミックスCL-DX)を本棚に登録しているひと

ツイートする