多重人格探偵サイコ (18) (カドカワコミックス・エース)

著者 : 田島昭宇
制作 : 大塚 英志 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年2月1日発売)
3.37
  • (10)
  • (18)
  • (30)
  • (12)
  • (0)
  • 本棚登録 :403
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041205587

多重人格探偵サイコ (18) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いよいよ(というかやっとというか)最終決戦でしょうか。

  • 田島昭宇×大塚英志によるショッキングサスペンス。どんどん内容が薄くなって悲しいす。人為的に複数人格を植えつけられた青年の自分探し本格サスペンスだった初期が懐かしいわ…。

  • ん"あ"あ"あ"あ"あ"数コマだけだけど伸二いた!!!!がっ"ごい"い"!!!!
    久しぶりに弖虎の変なノリの台詞出てきて嬉しい。
    少年警察弖虎かっこいいよ可愛いよ!

  • 一巻にも書いたけど、最初の頃は最高だった。
    とりあえず田島氏だから買うけど…。

  • 発刊ペース上がった!?

  • いつ終わるの〜?って思いながら何年も読んでいて なんかやっとクライマックスに向かっている感が! 弖虎ってもっと少年ぽかったと思ったけど、ずいぶんおっきくなってるような 

  • 伊園若女の正体がおかしなことになってますけど、あいかわらず田島昭宇さんの絵はおしゃれ。

  • やっと最終決戦まで辿り着いた感が(笑。
    弖虎が動くとほんとに派手なドンパチが多くなる。

    田島センセイが好きだからずっと続けて読んできて、途中ダレたときもあったけど、弖虎の活躍も頼もしいし、やっぱり最後まで読みたいな。
    白紙に近かった弖虎の中で、自我の目覚めと共に西園の意識と混ざり合い、そして雨宮と混ざり合い。
    最終的に行き着く人格っていうのは、ルーシーなんだろうか。
    それとも、もっと別のものなんだろうか。
    新しい『神』とかww
    最終的に残るのが雨宮って、当たり前すぎのような気がする。

    歴史の変わり目って、新しい人種が生まれるっていうよね。
    イエス・キリストは新時代幕開けのために生まれてきた新人類だった。
    今のこの世界が終わって新しい時代の幕開けに生まれる新人類って、弖虎だったりして( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

  • 消えるな、オリジナル雨宮一彦!頑張れ!!

  • アクションが増えてますね…
    弖虎と笹山さんがどんどんかっこよくなってるのは気のせいじゃないはず

    そして磨知というか若女というか、あれは何者だ。

    西園好きなのであれだけでも最後はちょっと嬉しかったです

全14件中 1 - 10件を表示

多重人格探偵サイコ (18) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

田島昭宇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

多重人格探偵サイコ (18) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

多重人格探偵サイコ (18) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする