バチカン奇跡調査官 黒の学院 (怪COMIC)

著者 : 金田榮路
制作 : 作:藤木 稟 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年2月28日発売)
2.98
  • (3)
  • (8)
  • (23)
  • (7)
  • (4)
  • 本棚登録 :181
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041205723

バチカン奇跡調査官 黒の学院 (怪COMIC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バチカン奇跡調査官のコミカライズ。蘊蓄ガッツリの小説一巻分をよくもコミックス一冊に纏めたもんだと感心はしましたが。…なんだろう、この違うんだ!っつー、心の叫びは。いや、その要因は解ってますが。そして、ソレはワシの妄想に依るところの必要要素であって、必ずしも原作には必要じゃないんですが。………平賀も、ロベルトも華が無さすぎっつーか、どこまで艶消ししやがるのかと。もっと浮世離れした平賀と、もっとお兄さん的なロベルトに会いたかったんだよぅ(;ω;)

  • 予想以上に薄くて吃驚! 
    原作の内容が内容だから上下巻くらになるのかなと思ってたけど一冊に詰め込んじゃったんですね……。
    これは作家が悪いと言うよりも、出版社や担当さんが原作を読んでないのか? と勘ぐりたくなるほど薄っぺらくガッカリです。
    マンガ化は嬉しいのですが、もう少し原作に沿って欲しいというか原作の世界を壊さないで欲しいです。タクシー運転手の話とか最後の最後で飛行船の謎を解くのに必要じゃないですか? だというのにざっくり削られちゃって、ほかにも沢山そういうところがあって吃驚。
    この調子では次回作もあまり期待は持てないですね。
    じっくりじっくり調査していく過程が読者を惹きつける作品なのに、ああも簡単に見抜かれると肩すかしも良いところでした。

  • 金田さんがずっとずっと大好きなので
    どのページを繰っても金田さんの絵があるということが
    ただただ嬉しい…!
    (「金田榮路」のタグで本棚まとめてます。最近漏らしがあるのが悔やまれる…ちゃんと集めたい…)

    確かに他の方のレビューにもある通り
    話の展開が早く、場面の切り替わりも、おっと?と
    思うこともあるけれど
    これからどんどん描き慣れていって
    沢山漫画出してくれたらいいなぁ

    内容としては、
    バチカンで
    奇跡と呼ばれるその現象が本当に奇跡かどうかを調査する主人公が
    事件に巻き込まれていくというお話

    ちょいグロあり

  • 原作とトーレス柴本氏のバチカンコンビLOVEの人(私も含め)は、読まないほうがいいと思います……原作への愛がこんなにあっても、私の評価は★2つでした。愛がある故なのだろうか。

  • かなり駆け足で、1冊にまとめるのは無理があったかなぁ・・・という感じ。
    もうちょっとじっくり回数を取って欲しかったかも。

    原作を薦めたいところですが、1巻はロベルトの影がやたら薄い・キャラクターの性格が固まっていない感じなので、2巻あたりから読むの推奨。

  • 腐女子が好きそうな絵柄の漫画。こういう画風の漫画家に依頼するということは、出版社側のバチカン奇跡調査官シリーズの扱いはミステリーやホラーではなくボーイズラブとか女性向けってことなのかな。しかも出版されたのが2〜3年前だというのに生活圏内の書店のどこを探しても見つからず、古本屋でようやく見つかったって何だ。そんなに不評だったのか。もっとも小説の方だって今年に入ってから、バチカン奇跡調査官シリーズまたは朱雀十五の事件簿シリーズまたは両シリーズとも扱わなくなった書店が私の周りには何件があるが。それにしても藤木稟さんの自画像。何で30代くらいのビジュアルに描いてるの。この人もう50過ぎでしょ。内田春菊か。

  • まず最初に
    キリスト教、カソリック信仰者の聖地バチカン市国。
    その中に世界中から申告された『奇跡』を調査、審議し
    『奇跡』の真偽を確かめる『聖徒の座』と言う機関がある。
    『聖徒の座』に属する神父・枢機卿達を奇跡調査官と呼ぶ。
    奇跡調査官の一人、天才科学者の平賀・ヨゼフ・庚神父と、
    友人であり相棒の暗号解読のエキスパート ロベルト・ニコラス神父
    2人はあらゆる『奇跡』を調査し、
    その裏側に隠された事件と陰謀を暴いていく……。



    バチカンにアメリカの修道院から奇跡調査の依頼が…
    平賀神父とロベルト神父が早速調査に訪れるが
    ここの修道院は学院も併設していて
    尼僧の《処女懐胎》の他にも
    申告されてない学生の《聖痕現象》や
    そして平賀達も目にした《聖母マリア像の涙》の奇跡が起こっていた
    また奇跡調査の間に次々と殺されていく聖職者達
    ここで何が行なわれているのか!?


    原作を全巻読んでるので
    漫画化したらどんな感じになるのかな?と思ったら…違和感が(-ω-;)
    原作を読んだ時は
    最後の奇跡のカラクリが判るところで
    《ウォ~~~~!!!!!!(゚ロ゚屮)屮》ってなったんだけど
    漫画はインパクトが弱い!!
    あっさりアサリ汁
    原作のドロドロしたねっとり感と世界観が足りない。
    でもこれは1巻にまとめたからなんだよね(*´Д`)=з

  • 早送り過ぎて原作知ってなきゃ面白くないんじゃないかと…。あと原作萌えポイントとかかなり削られとるよね。ヲタ的読者は残念でならないヨ(笑)

  • 同名の小説をコミカライズしたもの。1巻に収まるように描かれているので展開が早く、小説を読んでいないと意味が通じにくいと思います。マンガを読んで興味を持たれた方は、小説も是非。

  • 原作小説:『バチカン奇跡調査官』(藤木稟)

全20件中 1 - 10件を表示

バチカン奇跡調査官 黒の学院 (怪COMIC)のその他の作品

金田榮路の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印

バチカン奇跡調査官 黒の学院 (怪COMIC)を本棚に登録しているひと

ツイートする