ヤマトタケル (1) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.78
  • (7)
  • (15)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 136
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041205846

作品紹介・あらすじ

父の名代で奴国に遠征してきた皇子オウス(後のヤマトタケル)は、近隣の賊・川上タケルの砦攻略に悩む。だが、その娘・鹿文と出会った事で、衣装を借り砦への潜入を試みることに…。ヤマトタケルの物語、堂々開幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「ナムジ」「神武」に続く古代史シリーズ第三弾があるなら読むしかありません。タネ本の原田常治著「古代日本正史」は読んでいます。歯切れ良い解釈で、記紀の群像を活き活きと描いています。

  • 全6巻。

  • 古代の英雄を主人公にしてるが特筆すべきは作者の勉強量。これくらいが常識なのか分からんが絵がうまいだけでない。

  • ガンダムのキャラ作者・安彦良和による日本の歴史シリーズです。題材は「ヤマトタケル」で、これは今まさに連載中のもののようです! 安彦さんにはもうどうせなら古事記全部やっちゃって欲しいですね。

    単行本冒頭では前の作品である、大国主を題材とした「ナムジ」、神武天皇を題材とした「神武」への、多少の言い訳とか、安彦さんが考える記紀感やそれのアプローチについても書かれています。各書のあとがき含めてなのですが、安彦さんの記紀マンガ執筆と、いまだ結論が出ない日本のなりたち解読挑戦への熱い思いが、なんか嬉しいですね。売れそうだから出てくるムック本とはちょっと違うぞ的な。

    早く2巻出ないかなー。

  • なんか、最近、精力的な安彦 良和さんですな。

    おそらく、「ナムジ」、「神武」と続く古事記シリーズのの続きです。

    わたしは、ヤマトタケルのお話は、実は、ゆうきまさみの「ヤマトタケルの冒険」で知ったのでした。あとで、あれがけっこうそのまんまの話だと知って、びっくりした記憶があります。
    話としては、もうできあがったものなので、それをどう料理していくのか楽しみです。

    スクネが、いい味出してます。

  • なにはともあれ「神武」を読まなければなるまい。でないと、序章を受ける意味がない。
    「ナムジ」は読んでるので。

    キャラクターの感情の振り幅がなんだか大きい。
    オウスも、発現しないだけで、ふつふつと煮えてそうだし。

    クマソ討伐から「吾妻はや」まで。
    ざっくり知ってるヤマトタケル物語ですが、それをどんな風に描いてくれるんだろう。
    気は早いけど、完結後の「ナムジ」「神武」「ヤマトタケル」の通読が楽しみだ。

  • ふ…ふともも…
    古事記も日本神話も詳しくないし神武もナムジも読んでなかったけど今のところ楽しめてます。
    みんな似たような服と顔なのに差別化できてて流石です。

  • 日本神話をモチーフにした一連の作品の最新作。今回も膨大な知識と資料を背後に感じさせる、地に足のついたファンタジー。オリジナルの解釈部分もおもしろい。他のシリーズよりキャラクターがコミカルで愛嬌があり、雰囲気も明るく読みやすい。続きが楽しみです。

  • なかなかおもしろい。作者が古代史を描いていることを知らなかったので他の作品も読みたいと思う。
    架空の人物と言われているヤマトタケルの物語。川上タケルをやっつけてヤマトタケルと名乗るまでが内容。今後の展開が楽しみ。
    物語中の作者の歴史考察はなかなか楽しい。

  • 巻頭はいろいろ、邪馬台国がどこにあったかとか、魏志倭人伝に描いてある日本への入国ルートに関することなどの考察がちょっと書いてあったり・・・なかなか本格的でワクワクさせます(*^▽^*)。さて、本書の主人公「ヤマトタケル」は実在しないとされることが多いようですが、著者は実在したとして描くそうです。この巻では、川上タケルから「タケル」という名をもらうまでを描いています。まだ序章と言う感じ。この先が楽しみですo(*^▽^*)o 。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北海道出身。
アニメーター・アニメーション監督を経て、1979年に漫画家デビュー。
『ナムジ』『王道の狗』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』など著作多数。
〈クラッシャージョウ〉シリーズの装画、挿絵は一貫して手がけており、劇場版『クラッシャージョウ』の監督もつとめる。
2022年初夏、監督をつとめる『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』が劇場公開された。


「2022年 『乾と巽―ザバイカル戦記―(8)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安彦良和の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×