超級! 機動武闘伝Gガンダム 新宿・東方不敗! (6) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
制作 : 矢立 肇  富野 由悠季 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.44
  • (1)
  • (6)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041205969

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やったね、ジョルジュ覚醒。レイモンドよい執事。お茶にはお薬盛ってあった。ドモンも石破天驚拳修得。よし、修行と思いきや、そこには師匠。

  • 知りすぎている男、シュバルツ(笑)
    何者なんだーー!!

    そして、奥義を身につけた主人公。
    面白いわぁ。

    そして、世界中から集まってくるガンダムファイター!!
    ひげのガンダムは、この時代からいたのですね。

    まあ、これが、「ガンダム」である必要はあんまりない気がしますが。

  • 最早何がアニメ版にあって、コミック版追加要素なのかわからん。/ ネーデルガンダムきたー!/ アニメ版でもゴッドに至る下りは好きなのでこっからどうするか楽しみ!

  • マリアルイゼ様が出ると思い出すあのコクピット内のたくさんの写真…(,,Ծ‸Ծ,,)

  • 明鏡止水の表現、説明としてすごく納得できる感がさすが。先代シャッフルの何の説明にもなってないアドバイスには笑ったがそれも納得させられるのですごい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

監訳を担当した島本和彦は、1973年に創刊された「月刊バスケットボール」の創刊編集者で、後に長く編集長を務めている。NBAのテレビ放映のはじまった1987年より解説を担当し、分かりやすく親しみやすい口調でNBAやバスケットボールの普及に貢献してきた。コービーの所属していたレイカーズの先代オーナー、ジェリー・バス氏とも親交が深く、歴代のエースたちへの取材も数多くこなしている。MJなきあとを支えたコービーにはルーキーの時から取材し、その身体的・精神的変化を細緻に見つめてきた。

「2019年 『KOBE BRYANT THE MAMBA MENTALITY HOW I PLAY』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島本和彦の作品

ツイートする
×