魔王さまのペロペロ計画 (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.86
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041206003

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 幼女まおゆう?

    ロリロリすぎていい感じ。男キャラクターはいつも通りのノリ。

  • アグネスに真っ向から喧嘩を売る漫画家、松林悟!
    でも魔王さまは人間じゃないから問題ないのです。
    (人間である勇者が登場してる時点でアウトォ!)

    魔王なのに、まさかの堕天使サマエル。
    まぁ、サマエルはサタンと同一視されることもあるようだから完全にオカシイとは言い難いのか・・・と思いきや、自分の中ではサタンは大天使(女神転生脳)という認識なので、やっぱり違和感がある。

    勇者のデレかたが急すぎてイロイロ酷い。
    そして印刷会社「ぬこのおっぽ」が完全に『ロリコンフェニックス』。

  • ひどい…ひどすぎる(良い意味で)

    ロリと百合が好きで、下品なのが平気な人向けのギャグ漫画です。

    魔王かわいかった!

  • 0979

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

漫画家。主な著書に『ロリコンフェニックス』全3巻、『ロリコンフェニックス新食感』(KADOKAWA / 富士見書房刊)、『間違ったラノベの作り方』、『廃人様のエンドコンテンツ』、『モエ・ハンっ!』(KADOKAWA / 角川書店)など。

「2015年 『漫画家先輩』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松林悟の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×