ナナマル サンバツ -5 (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • 角川書店
3.80
  • (18)
  • (46)
  • (29)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 333
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041206263

作品紹介・あらすじ

白熱する麻ヶ丘例会。第2Rで識とペアを組む明良は、ルールの隙を突いた奇策に出る。識は、御来屋が待つ第3Rへ勝ち抜けられるのか!? そして第3Rでは、真理が笹島と同組に。減点ありの特殊ルールが波乱を呼ぶ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 杉基イクラ先生の描く女の子ちゃんが可愛過ぎるのでページを捲る手が止まらないし出てくる女の子全員と結婚したい。

  • 御来屋ぁぁぁぁぁんびえぇぇぇぇがっごよずぎぃ゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛
    表紙発表前に「誰かな〜そろそろ御来屋…」って言ってたら御来屋と明良タンで爆死

  • 赤河田のトリックスター苑原がこれからどのような立ち位置になっていくのか楽しみですね。
    笹田部長と深見兄の関係も気になります!
    …にしても笹田部長つよすぎる!笑

  • 皆、知識量がすごい…。

  • 明良の立ち回りすごいなぁ。頭の回転がよさそう。マナーが悪くても、ルールを破ってるわけじゃないんですよね。

  • 明良くんのキチガイっぷり炸裂
    面白かったw

    ヌーブラネタ思い出しただけで笑いが出そうw

  • 前巻から引き続いての麻ヶ丘例会編。

    今回はそれまで純粋にクイズを楽しむ場所だった空間を明良がかき回していきます。
    前巻でも思いましたが、彼は「必要悪」的なキャラとして描かれた存在なのかなと思います。中高校生が何十人も集まっておいて、良い子ばかりというわけにもいかないですからね。
    また、こういうルールの盲点を突く巧妙さを持った人間がいるというのは大切だなと思います。
    …個人的には好かないですけどね、こういうタイプ(笑)

  • クイズバトルが気になるーー、続きが読みたいです。

  • なかなか熱い

  • クイズの早押しにとって問題の読み方と聴き方が重要になってくるみたいなのだが、さすがに漫画なので理屈はわかっても実際に音として聴けるわけではないので、想像だけでしか考えられないのがちょっと残念。

    アニメ化などをすればもっと魅力が上がり、漫画だけの読者たちがああ、なるほど、とクイズに関しての解説に対して納得できるものになるのになと思った。

全24件中 1 - 10件を表示

ナナマル サンバツ -5 (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

杉基イクラの作品

ナナマル サンバツ -5 (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする