ヤオツクモ -1 (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • 角川書店
3.13
  • (0)
  • (5)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 100
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784041206706

作品紹介・あらすじ

生まれつき痛みを感じない少女・橘九十九。九十九は、ある日“付喪神”と呼ばれる化け物に襲われる。窮地に陥る九十九だが、不死人ヤオに救われるのだった。紡がれし”命”を巡る運命譚ここに開演。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (1)~(2)。完。

  • 生まれつき痛みを感じない少女・橘九十 九。 九十九は、ある日“付喪神"と呼ばれる化け物に襲われる。 窮地に陥る九十九だが、不死人ヤオに救われるのだった。 紡がれし"命"を巡る運命譚ここに開演。

    表紙に惹かれて購入。結構独特な絵柄だと思う。
    ストーリーは割と王道。秘めた力を持っていたヒロインと、それを守る役目を持った少年の話。ヤオが不死なのは良いんだけど、ちょっと毎回ボコられすぎてて残念。死なないとはいえ、もう少し余裕がある方が良かった。
    本家に行ってからが本番だと思ったのにまさかソッコー出ていくとは…。

  • やっぱりこの作者の絵は好きだ。話は……普通。

  • B★RSのオリジナルコミカライズ書いてた人の漫画。
    美味い匂いを出す神御子なヒロイン・九十九。
    九十九を食べて不死になろうと、襲いかかる付喪神たち。
    そして九十九の盾として、付喪神から体張って守る不老不死の少年・ヤオの話。

    初代とヤオの関係が気になるね。
    あとヤオかっこいいけどボコられ過ぎやね

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

千葉県出身、東京在住。ふたご座。O型。2002年デビュー。代表作に「ホクサイと飯」「ヤオツクモ」「盛り合わせガール」など。

鈴木小波の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×