最後にキスして (あすかコミックスCL-DX)

著者 : ミズノ内木
  • 角川書店 (2013年4月27日発売)
3.30
  • (2)
  • (5)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :57
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784041206928

作品紹介

大学生の佐田と夜須はいわゆるセフレ。佐田は本気だったが、夜須は学内でも有名なヤリチ●で、自分が本気だと悟られた瞬間に逃げるような男だった…。男たちの欲望と純情を紡ぐ珠玉の短編集。

最後にキスして (あすかコミックスCL-DX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集
    表題作は大学生もの

  • 2013/08/05
    【普通】短編集。 どの話もシチュエーションを切り取った感が強いのでせめて中編くらいだったら良かったな。 ◎→セフレ始まりの表題作、『あと何回言えばいい』同級生再会もの。 『暦のうえでは』元教え子×教師。 

  • 書き下ろしがなさすぎる。表題だけあって、助かりました。雑誌で読んだとおりなんて、もはやBLコミック買う価値ないやん。
    久幸さんオッサンなのに、恰好可愛いすぐる。

  • 短編集でした。「暦の上では」がすごく好きでずっと収録されるのを待ってたのでようやく雑誌が処分できるー。何がどうとはよく解らないんですがなんかすごく好きです。
    他の短編はうーん、普通かな。角川だしなーという感想。ライトすぎてつるっと。1つだけ毛色が違ったやつは別レーベル掲載作品でした。角川だとカラーが本当ほぼ一色に統一される感じですね。

  • 面白かった!んきゅきゅ。

  • めっちゃ切なくてキュンキュンしました。末長く幸せでいて欲しいです。

  • ミズノさんの素晴らしさは特化したマニアックエロだと思っている私には、正直ここ新刊2冊は物足りない。 作家買いリストから外れるかなぁ〜。
    別にエロがなくても大好きな作品はたくさんあるけど何かしら特筆する良さがあるし、正直私の萌え心を満たしてくれれば満足なんだけど。 最近のミズノさんは平均値なんだよなぁ〜。 可もなく不可もなく。 不可はないけど、じゃあミズノさんじゃなくてイイじゃん!って思ってしまう。

    凄い偉そうで上からな事言って申し訳ないけど、好きだから楽しみにしてたしね。 自分の好みに合わないだけかもしれないけど、かなり残念だった(´・ω・`)

  • 『あと何回~』が好きかな。

全8件中 1 - 8件を表示

ミズノ内木の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

最後にキスして (あすかコミックスCL-DX)はこんなマンガです

ツイートする