ラグーンエンジン 愛蔵版 第1巻 (あすかコミックスDX)

著者 : 杉崎ゆきる
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年3月23日発売)
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 36人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041207147

作品紹介

描き下ろしカバーイラスト必見!待望の愛蔵版第1弾☆焔と陣の兄弟の家の家業は「凶」と呼ばれる悪霊や幽霊などの凶々しいものを祓うこと。修行の一環で「迷魂の声を聞け」と言われ…!?大ボリュームの320ページ

ラグーンエンジン 愛蔵版 第1巻 (あすかコミックスDX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 頭脳派でしっかり者の兄と、やんちゃで体が先に動いてしまう弟。この兄弟は陰陽師の家系に育っていて、お父さんから指令をもらって妖怪退治をしている。
    ちょっと昔のアニメを観ていた頃に戻ったような懐かしい気持ちになるマンガ。子どもが主人公ですが、周囲の大人たちも個性が立っていて魅力的なのが温かい雰囲気をより増している感じがします。
    従兄弟が来て学校の異変を解決する話や、夏休みに里帰りする話がすごく良いです。
    かなり好きなマンガだったのですが、続きが出る見込みは今の所無さそうです。新装版で未収録2話をカバーする位なら、せめてその2話を入れたカラーのイラスト集とかで、今までの巻を持っていた人でも素直に喜べるような形にして欲しかったと思います。
    持っていない、読んでいない人には2話多く入っている分こちらがオススメ。(装丁は旧版の方が凝っている気がするけど…)

    持っているのは旧版だけど一応こっちにもレビュー。

  • 単行本で読んでるので再読。
    まずもって完結してない漫画の愛蔵版が出るというのがおかしいし、それに加えて愛蔵版の癖にカラーページもモノクロ収録だし、不満が多すぎる。

    話自体は、少年誌に連載してても違和感の無い様な、結構なかなかアツい内容(ところどころなんかアレな表現も入るけれども)。面白いね。
    でも完結してないから…。

  • 【請求記号】 726.1/ス-1/1
    【登録番号】 11724
    【資料ID】 1001011724

全3件中 1 - 3件を表示

杉崎ゆきるの作品

ラグーンエンジン 愛蔵版 第1巻 (あすかコミックスDX)に関連する談話室の質問

ラグーンエンジン 愛蔵版 第1巻 (あすかコミックスDX)はこんなマンガです

ツイートする