デッドマン・ワンダーランド -12 (カドカワコミックス・エース)

  • 角川書店
3.74
  • (23)
  • (32)
  • (31)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 450
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041207307

作品紹介・あらすじ

トトに殺されそうになっていた千地は、ガンタの一撃で九死に一生を得る。それでも不利な戦況の中、二人のコンビネーションでガンタがトトに起死回生の一撃を叩き込むことに成功したのだが――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 殊能力を持つ人間“デッドマン”達の争いと陰謀を描く監獄サバイバルアクション。1年半の休載を経て復活したらご都合主義というか少年漫画的というか、要はダメな感じになっていましたとさ…残念だす。

  • 前巻から間が空いてしまったので、いまいち物語の盛り上がりについていけず。Extraの方が楽しめた。

  • いよいよ、次で最終刊。
    まあ、ひどいことがかなり見えてきた感じです。

    このあたりは、ひどいんだけど、人を信じているところもあって、それは、「エウレカセブン」のときから、ずっといいなぁと思っています。
    ひどいところから目をそらさずに、でも、どこか救いのあるとこに着地してくれることを信じています。

  • もうわけわからんくなった。

  • クライマックス


    Extraがイイネ

  • 千地を救うため戻ってきたガンタ。二人で協力し、葉切を追い詰める事に成功する。
    一方皆と離れたヨスガは、重症を負ったトトこと葉切を介抱し始めるが…。

    トトとヨスガの兄弟関係はそういうことかー。
    正直ヨスガの登場が急だったもので、違和感ハンパ無かったんだけど、ちょっと好きになりました。
    トトがトトとして戻れるといいんだけどな。
    次巻で終わりみたいだし、どう決着つくか楽しみ。
    特典の短編漫画はほのぼの系で良かった。特に鷹見兄妹の話が可愛くて好きだった。水名月ちゃんのツンデレ具合が可愛い。

  • 次巻、最終巻。

  • うーむ、なんだか。

  • おにいちゃんがかわいいよ!!

  • 相変わらず設定が強引だけど、わりと安心して読める。
    今回は結構印象深いコマが多くて圧倒された。
    まあ、次回の最終巻にそこそこ期待。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

京都府出身。
2005年月刊少年エース(角川書店)にて『交響詩篇エウレカセブン』 (原作・BONES、共作・近藤一馬)でデビュー。
代表作は『デッドマン・ ワンダーランド』(共作・近藤一馬)。

「2015年 『リヴィングストン(4)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デッドマン・ワンダーランド -12 (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

片岡人生の作品

デッドマン・ワンダーランド -12 (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする