新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ -8 寂寥の狂詩曲 (中) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
制作 : 矢立 肇 富野 由悠季 
  • 角川書店
3.85
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041207376

作品紹介・あらすじ

『カテリナ・ピースクラフト』として王女の座につくサブリナ、『シス・マーキス』として平和を陰から支えるカテリナ。運命に翻弄されしピースクラフト家の真実に触れたリリーナは――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物語が本格的に動くまでの序章的なストーリーのラストかな?
    過去と現在がつながった。
    ここから動き出すのか?

  • ガンダムを開発した5人と、トールギスを開発した6人がそろう。

  • あとがきを読んで、愕然とした。

  • ピースクラフトの話
    あとがきのラストに衝撃の事実が

全4件中 1 - 4件を表示

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ -8 寂寥の狂詩曲 (中) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

隅沢克之の作品

ツイートする