機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト (4) (カドカワコミックス・エース)

著者 : 長谷川裕一
制作 : 富野 由悠季  矢立 肇 
  • 角川書店 (2013年6月24日発売)
4.19
  • (10)
  • (12)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :105
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041207390

作品紹介・あらすじ

異形のMS集団サーカス隊の戦艦から奪った「ファントム」が、フォントの怒りのパワーで能力全開、“ファントムライト”を放ちながらサーカス隊と死闘を繰り広げる! フォントはベルと共に死地から脱出できるのか!

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト (4) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ガンダムタイプの最大限怪物的・怪獣的な解釈、それを世界設定と完全に折り合わせながら……! 虫っぽかったシルエットがこうも正統派ヒロイックになる。動きも活躍もとにかく格好いい。強制停止した姿を雄々しく切り取り直すカット、映像の叙述トリックでかつ感動的。

  • 年長の少年の勇気に泣いた。

    子供を殺せない男。
    敵役が仲間になる展開というのはいいね。

  • ギロから救えて良かった。
    ハロロは漫画の中のアニメ顔って感じかな(,,Ծ‸Ծ,,)

  • ファントムって、そういうことか!
    時代背景を活かしつつ、技術を組み合わせた、
    ナイスアイデアだと思う。なんとも、不思議。

    外観とか、色合いは、仮面ライダーに似てるなあ・・・

  • 傭兵?を雇うところ辺りまで。

  • ファントムの秘密が明らかになり、戦闘にも決着が。主役メカが登場し、フォントが海賊軍への参加を決意するターニングポイント。

  • フォント、主人公覚醒&ファントムガンダム大暴れ。
    熱い展開で良い。

  • 宇宙世紀0150年代が舞台で、既存作品では『Vガンダム』の時代に当たる。

    4巻では、主人公の愛機「ファントム」が覚醒、Iフィールドを全身に纏った機体で大暴れ。
    これは、V2ガンダムに搭載されていたミノフスキードライブ=「光の翼」に相当するものである。

    クロスボーンファンはもちろんのこと、Vガンダムファンにもオススメの作品。

全8件中 1 - 8件を表示

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト (4) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

長谷川裕一の作品

ツイートする