多重人格探偵サイコ (19) (カドカワコミックス・エース)

  • 310人登録
  • 3.35評価
    • (8)
    • (9)
    • (32)
    • (6)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 田島昭宇
制作 : 大塚 英志 
  • 角川書店 (2013年10月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041207857

作品紹介

今やガクソの重鎮として敵側に回った伊園若女との直接対決を果たすため、一人バイクを駆り東京に舞い戻った弖虎。検問をかいくぐり都内に潜り込んだ弖虎は、人々の心を操りガクソの追及の手を撹乱しようとするが…!

多重人格探偵サイコ (19) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あの三人のおじさん達は必要だったの?
    よくわからなくなってきたので、用語集と、ここまでの解説集が欲しいです。

  • いよいよラスボス戦ですか。でも、ここからまだ5巻も続きます?更に上級の何かが登場するんでしょうか。

  • 田島昭宇の圧倒的な画力と反比例するように全く進まないストーリー。今やガクソの首魁となった伊園若女と対決するためバイクで東京を目指す弖虎を描くだけの今巻だけど、そろそろクライマックスのようですなぁ。

  • 好きになれない

  • 弖虎がカッコ良くて辛い
    こじ付けな感じはあるけどなんとかまとまって終わりそうで良かった。
    後1巻ぐらいかな?
    本誌は読んでないけどそろそろ終わるんだろうな。
    長かった。

  • なげーよ!!

  • 大体のキャラの死に様が酷くてクールだよなぁという印象

  • (ネタバレ満載)
     てとらがバイク爆走。
     ルーシー暴走勃発。
    (自分が生き残るための大暴走的なアレ)
     ミスてうのガードマンたち三人が話し合い。皆そこそこのおいちゃん。
     若菜怪しくね?みたいな話し合いをしている最中に病院にバイクで乗り込んじゃったてとらにぶっ殺されちゃいます、アイタタ。
     そのうちの一人が
    「バイクで病院走り抜けるのって、ど〜よ。たまげたぜ。死ぬ間際に煙草吸いたくて煙草取り出したんだけど火がねェから、いっちょ派手なのくんねェ〜か?」
    と格好よいことを抜かしてくれたのでてとらはバイクに銃弾ぶっぱなして炎上をさせてあげました。

     美和は若菜のスペアでした。
    てとらが美和を殺しました。

    「オレ達……学校とかで会えたら良かったかもな……」
    「……そ〜だね……てとら……」

    ドン
    ドン
    ドン

     だれがスペアでだれがホンモノなのか、わかんなくなってくらぁ。
     終わりもようやっと近いから、もう少しだけ付き合います。

  • 長く続きすぎて全体の内容をあまり覚えていないけれど、まぁ前巻よりは面白いかな?と感じた。
    そろそろ終わるみたいなので最後まで付き合います。

  • 弖虎がもはや萌えキャラ…! ラストのくだりが胸キュンすぎてなんなのこれってなりました。(でも思い返して見れば、初期はわりと胸キュン要素もあったような、無かったような…。)
    青島は私としてももう何年も会ってないくらいの気持ちだったけど全然そんなことはない。

    いよいよ終わるみたいなので、次の巻が出るまでにこれまでのを読み返そうと思います。

全13件中 1 - 10件を表示

多重人格探偵サイコ (19) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

田島昭宇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

多重人格探偵サイコ (19) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

多重人格探偵サイコ (19) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする